盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2018.05  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018.07≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2018.05.21 Mon
さつきの花と猫のトイレのお話
松波DSC06335
松波DSC06336
松波DSC06294
松波(Matunami)




遅咲きの「松波」も咲き始めました。
今年は 全体的にかなり良い花が咲いているようです。
店内には 余り取り込まないつもりでいましたが 咲き始めると
そういう訳にもいかず 腹帯をまいて 腰にはシップを貼り
いつもと同じ様に 黙々と運んでしまいます。

昨年からストッパー付きの長いノズルで散水していますが 思った
以上に水道代の節約にもなるし 開花時期には特に便利です。

1階の猫のトイレを 思い切ってアイリスオオヤマさんから出ている 
上から入るトイレに替えてみました。
2個の中 試しに1個だけ置いてみた所 みんな難なく入ってトイレを
済ますので すぐにもう1台も替えました。
砂は木の砂を使っていますが 以前の横から入るのは 屋根付きでしたが
ホコリや 砂の飛び散りがひどくて 空気清浄機は激しく動きっ放しで
小さな砂埃でフィルターがすぐに詰まり 加湿の部分は壊れてしまいました。
タテ型にしてからは 空気清浄機もうるさくならず 周りの汚れも少なくなり
トイレの掃除も思ったより簡単です。
こんな事なら もっと早く替えておけば良かったと思っています。




緋の鳥DSC06265
緋の鳥DSC06276
緋の鳥DSC06272
緋の鳥(Hinotori)

琴の舞DSC06286
琴の舞DSC06285
琴の舞DSC06187
琴の舞(Kotonomai)

ふじの輝DSC06298
ふじの輝(Fujinokagayaki)

玉織姫DSC06202
玉織姫(Tamaorihime )

新煌陽DSC06211
新煌陽DSC06210
新煌陽(Sinkouyou)




キータンDSC06349
外猫になったキータン

マイコアジサイDSC06375
園長さんから頂いた 鉢植えの「マイコアジサイ」です。まだ少し早いのですが。
残りの鉢も色がつき次第アップします。









-    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

2018.05.13 Sun
ノリちゃんの家出
ほたるDSC05879
ほたる(Hotaru)




今年の早咲き品種は 殆ど花が過ぎてしまいました。
ほぼ満開状態で長雨にたたられ その後は強い陽光に焼かれ 余り
良い環境とは言えなかったようです。
それでも さつきの面白さは ツツジと違って早咲きから遅咲きまで
長い期間 花が楽しめるところです。

先日の夜 外猫のキュッキュちゃんにおやつをあげて 戸を閉めようと
した所 ノリちゃんがスルッと外へ抜け出してしまいました。
それまで 戸を開けても出ようとする素振りさえ見せなかったので
油断してしまいました。
慌てて懐中電灯を持って裏庭へ行けば まだその場で逃げもせずに
キョトンとしていたので 難なく家へ入れる事ができました。
キータンの事があったので もの凄く不安でしたが ノリちゃんはただ
キュッキュタンと遊びたかったのかも知れませんね。

今年は雨が多いので 愛好家の方も苦労されている事と思います。
でも この時の為に 手入れを頑張ってきました。
しっかり楽しみ 来年につなげましょう!



紫輝DSC05912
紫輝(Murasaki)

紅雲DSC05905
紅雲(Kouun)

金采DSC05918
金采(Kinsai)

清峰DSC05865
清峰DSC05864
清峰(Seihou)

翆峰DSC05770
翆峰DSC05746
翆峰(Suihou)  清峰と翆峰の色の違いがお分かりになると思います。
清峰には翆峰の色が出て2色咲きになりますが 翆峰には清峰の色は出ません。
清峰DSC05786
清峰に出た2色咲き

DSC05779.jpg
千羽鶴(Senbazuru)

桃香DSC05851
桃香DSC05937
桃香(Momoka)

蛍灯DSC05955
蛍灯DSC05954
蛍灯(Hotarubi)



DSC05973.jpg
DSC05972.jpg
お騒がせ ノリちゃん。 なんの反省も無いみたいです。
(アクビの後の変な顔です)



センチメンタルDSC05925
センチメンタルDSC05927
センチメンタルDSC05926
水俣のバラ園で買ってきた「センチメンタル」です。













-    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

2018.05.05 Sat
今年もきれいです。
紫扇DSC05805

紫扇DSC05826

紫扇DSC05830
紫扇(Sisen)



今年の「紫扇」は 特に美しく咲いています。
ほぼ満開に近く いつもより早い時期に咲いたので 温度が低い事も
花が傷まず 良かったのかと思います。
「絹の舞」や「花綴」も咲いています。
「明日香」の系統も一番の見頃を迎え 異常な速さの開花です。
その中でも やはり「清峰」の美しさは際立っています。
「亜輝姫」や「なお姫」も咲き始め 園内全体が色づいてきました。

この時期に大切なのは 水切れをさせない事と ナメクジ対策です。
ナメクジは夜のうちに花に這って腐らせてしまいます。
特に雨の夜は 被害が甚大になるようです。
水やりの後に ナメクジ誘殺剤(ペレット)をまいておきましょう!
花腐れの予防としては 殺菌剤より効果的かも知れません。



華衣DSC05790
華衣hDSC05736
華衣(Hanagoromo)


緑花の泉DSC05811
緑花の泉DSC05812
緑花の泉DSC05813
緑花の泉(Ryokukanoizumi)

飛鳥の誉DSC05819
飛鳥の誉DSC05824
飛鳥の誉(Asukanohomare)

花綴DSC05831
花綴DSC05832
花綴(Hanatuzuri)

絹の舞DSC05784
絹の舞(Kinunomai)

明日香山DSC05776
明日香山DSC05810
明日香山(Asukayama)

寿光冠DSC05750
寿光冠(Jyukoukan)

亜輝姫DSC05748
亜輝姫(Akihime)

新峰DSC05818
新峰(Sinpou)

なお姫DSC05747
なお姫(Naohime)











-    Comment(16)   TrackBack(0)   Top↑

2018.05.02 Wed
水俣のバラ園
DSC05653.jpg
これで全体の三分の一くらいでしょうか。

DSC05575.jpg




水俣のバラ園へ行ってきました。
4月の終わりだったので まだ少し早いような気もしますが
見るには十分の開花状態でした。

去年来た時 来年はこれだ!と決めていたバラを1本だけ買ってきました、
いつもブログを拝見しているラキシアさんと同じで 私も絞り花や 
斑入り葉が大好きで バラも絞り花に目がいってしまうのです。

今年は去年の牡丹が散々で 頂き物の大切な牡丹を枯らしてしまいました。
思い当るのは植え替え時期で 何にでも秋に植え替えるように書いて
あったのに 大きな鉢に移すのだからと 春に植え替えました。
1本はきれいな花が咲きましたが 後の2本は枯れて自信喪失です。

バラは殆ど順調ですが 1本だけ買った時より小さくなってしまっていた
「ラブソディー インブルー」も 新芽が数本伸びて花が咲き始めています。
今年は回復してくれるといいんですが・・・。

バラもこれからボチボチと 少しずつやってみようと思っています。



品種名は どれも分かりませんので 悪しからず。

DSC05566.jpg

DSC05564.jpg

DSC05591.jpg

DSC05586.jpg

DSC05578.jpg

DSC05571.jpg

DSC05709.jpg

DSC05596.jpg

DSC05607.jpg

DSC05616.jpg

DSC05624.jpg

DSC05663.jpg

DSC05668.jpg

DSC05652.jpg

DSC05634.jpg

DSC05641.jpg

DSC05693.jpg

DSC05691.jpg

キリが無いので この辺までに致しますが 連休は最高の見頃だと思います。











-    Comment(14)   TrackBack(0)   Top↑

2018.04.25 Wed
紫扇について
紫扇DSC05547
紫扇DSC05545
DSC05515.jpg
DSC05514.jpg
紫扇(Sisen)



まだ 4月だというのに 色んな品種のさつきが咲き始めています。
毎年の事ですが 水道の検針に来た人が 急な使用量の増え方に驚き
「水漏れしていませんよね?」と 不思議がられます。
私の方は 当然だという思いがあるので 「この時期は毎年の事ですから」
と説明すると 安心したように納得されます。

「三姉妹」や「紫扇」・「萌香」等は 早咲きな上に急いでいるようです。
まだ 陽光が弱い時に咲く「紫扇」の複雑で派手な色合いは 魅せられます。
鹿沼で聞いた話によると その頃こぞって「翆扇」の紫系を目指していて
その理想の色に一番近かったのが「紫扇」だったそうです。
それゆえに期待が大きく 売り出す前に数千本の苗木を生産して待ち構える
業者の方がいたそうです。
たしかに 「さつき研究」の紙面で 初めて通販された時の価格は高額でした。
しかし 待ち構えていた方の苗がどうなったのか?は 分からないそうです。

とにかく さつきの花には 毎年感動させられます。
特に咲き始めは 数輪の花にも目を奪われてしまいます。
今年も 猫達に助けてもらいながら この時期を乗り越えるつもりです。



千羽鶴DSC05551
千羽鶴(Senbazuru)

玉玲DSC05536
玉玲(Gyokurei)

銀の采DSC05549
銀の采DSC05550
銀の采(Ginnosai)

DSC05519.jpg
紫慕情DSC05544
紫慕情(Murasakibojyou)

DSC05506.jpg
DSC05532.jpg
DSC05507.jpg
三姉妹(Sansimai)

絹の舞DSC05539
DSC05530.jpg
絹の舞DSC05538
絹の舞(Kinunomai)



いつも私を癒してくれる 2階の兄弟。

ペペちゃんとリリちゃんDSC05554
リリちゃん(手前)とぺぺちゃん。

ミミちゃんDSC05552
ミミちゃん

チビ君DSC05559
兄弟で一番の甘えん坊 チビ君









-    Comment(14)   TrackBack(0)   Top↑