盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2009.05.29 Fri
園主の独り言【皐月花季展を終えて…】
皐月花季展は好評のうちに無事終了いたしました。
ありがとうございます。


バブル期に迫るような賑わいを見せ、会員の方達もやりがいと来年への強い意欲を抱かれた事と思います。

24日(日)月刊さつき研究(栃木)様から展示品の写真撮影に来園頂きました。
皐月の全国誌に掲載される事など20年ほど前までは見るだけの立場だったのが、誌面に参加させていただくようになり、会員さんの作品が掲載されるのを心待ちにする事が出来ます。

花季展に来園されたお客様の反応を見ていると、花物、盆栽物にかかわらず花をきれいに咲かすことの大切さを痛感させられます。
当会のように、小さな規模の秋季展で花季展ほどの来園者は、絶対に望めない事からも花がいかに大切であるかがわかります。

私は決して古い品種皐月の盆栽型を否定しているわけでは有りませんが、花を見に来て頂くお客様に皐月の花の進化を美しい新花によってお見せする事は、皐月屋である私にとって義務に近いものが有るのではないかと思っています。
特に花季においての展示会なら尚更ではないでしょうか。


花が咲き始めた時から来年へ向けての準備が始まります。
花が咲いている時期は色彩の調整をするのに最適で、花が終わってからより芽吹きも良いようです。
疲れている時に休む暇もないかと思いますが、頑張るしかありません。

P1020011.jpg

花季展が終わり展示場は当園の皐月で埋め尽くされています。

P1020014.jpg

P1020016.jpg

P1020015.jpg

P1020017.jpg
スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用
-    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
さつき研究たのしみですね Posted by 朝田 浩
長野様
翠香の育て方を教えてくださりありがとうございます。若干葉色が悪いので樹勢強化につとめます。こちらでは「一生の春」「一目ぼれ」「新万里の輝」「雅姫」が咲きはじめました。その中で「雅姫」の調子がおもわしくなく、これも「植物活力素」と消毒で管理を継続してみます。人との出会いは楽しいですね。今回JAで開催されていたさつき展で「育て方を質問すると丁寧に答えてくださる方」に出会い、その思い出とともに樹をかわいがりたいです。さつき研究の記事楽しみに読ませていただきます。
2009.05.30 Sat 06:53 URL [ Edit ]
朝田様 Posted by 園主
四国は九州と同じくらい暖かな地域だと思っていましたが、花の時期は私のところが大分早いようです。お話の「翠香」と「雅姫」は共に強健種だと思いますが。勢いがない時は根に原因がある事が多いようです。特に植え替えで根の底をえぐったり、根を崩し過ぎたりすると弱りますから私は鋸で根鉢の厚みを半分位に切り周りを八角形に切り、底根はいじらず表面だけを綺麗になるようにこさぎます。植え土も鉢底に中粒を入れ根の触れる部分から上はすべて小粒で植えています。他の鉢と比べて水ははけるのに渇きが悪い時は植え替え、芽摘み、剪定、施肥は一切せず、鉢土が乾きやすくなるように鉢を斜めにしたり、水やりを調整したりします。他の鉢と同じように乾く場合は根に問題はないと思います。少し長くなりましたが、回復するといいですね。
2009.05.30 Sat 22:12 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/94-15b3b530

Top↑