盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2008.07.24 Thu
ワンポイントアドバイス(その13)
099.jpg
(写真)那須野

盆栽界の常識では、考えられない様な速さで皐月愛好家が増加してきたのに、良い花を咲かせるための、年間を通しての具体的な作業等を、専門の人が本音で教えて下さるような本は、あまり見かけなかったように思います。

これまで、皐月が余りにも人気があったため、本場の卸売業者の方達は沢山の知識を持ちながら、周囲の皐月屋さんとの販売競争に勝ち抜くために、農薬一つにしても種類や使い方など、皆知っておかねばならない事までも、秘密にされていたと聞きます。
他にも、剪定や植え替えの方法など、今でも公にされない部分は多いのではないかと思います。

私も商売をしているので、その知識がいかに大切な宝であるかは理解しています。
しかし別の理由として、皐月の世界では長年やっておられるベテランが多く、我々業者が良かれと思ってお勧めしても、業者によっての意見が異なる事も有り、素直に聞いてもらえないと言う実情もあるようです。

地方にある私の店では、お客様のさつき離れを防ぐためにも、自分の経験や本場の業者の方達に教えて貰った知識を、隠すことなくさらけ出しています。
特に熱心なお客様等は、私より小まめな作業をされ、立派に持ち込まれています。

技術的な事はさて置き、農薬の散布に関してはその種類によっても効果に違いがありますが、月に3回以上散布されていても、グンバイ虫などが来てよく虫に食われるという方は、簡単に言うと散布される量が少ないのではないかと思います。
農家においても、他と同じ種類の農薬を散布していてあまり効果がないと言われる時は、そのほとんどの場合、量の不足が原因だと聞いています。
私は皐月の消毒用として、400ワットのモーター式動力噴霧器を使っています。
お客様も多くが、私の勧めで、その下の200ワットの方を使っておられます。

また、消毒の効果が弱いと言われるお客様では、10リットル位のタンク付き電動噴霧器をお使いの方が多く、しかもノズルを絞って細かい霧の状態で散布されているらしいのですが、どんなに丁寧にかけてもモーター式に比べれば、2分の1から3分の1程度の量にしかすぎません。

私はモーター式で散布する際もノズルを目いっぱい絞らず、少し開いた状態で散布し、農薬が葉からこぼれ落ちる位たっぷりとかけています。

殺ダニ剤を散布するときは、更にしつこく、普段の1.5倍くらいの量をかけます。
農薬の種類については、住宅地の中と言う事も有り、劇薬は出来るだけ使用しません。

殺虫剤は、オルトラン水和剤スミチオン乳剤等の、ごく一般的な普通薬に展着剤と殺菌剤を加え、量と回数を多く散布することによって、十分な効果を得ています。

オルトラン水和剤やベンレート水和剤などの粉末を使用する時は、直接水で溶いても溶けにくいので、その前に小さな器に入れ、ポットの熱いお湯をかけて混ぜています。良く溶けるので、そこに展着剤を加えた後、水で薄めるようにしています。

この時期は、消毒と水やりが大切なので、猛暑に負けないで頑張りましょう。

スポンサーサイト

テーマ:花と生活 - ジャンル:趣味・実用
その他    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/55-3f79b964

Top↑