盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2017.09.05 Tue
おもいで
DSC04732.jpg

テーブルの上に 小さな額に入れた懐かしい写真が目にとまりました。
同じ頃 いろんな所からやって来た3匹のダックスフンドです。
あれから20年以上過ぎたのですね。

秩父の園長さんのブログで シャオちゃんの想い出に心打たれている所に
目にはいったこの写真は 私に当時を懐かしく思い出させます。

左からブブちゃん・ルパン・ノエルで ルパンだけが男の子で身体も
一回り大きくて 賢いブブちゃんによくからかわれていました。
ノエルはおとなしい性格で 生まれた時から体に欠陥をもっていた様で
どこかに大きなこぶを抱えていました。
テンちゃんを見ていると ノエルと性格が似ている様な気がします。
ブブちゃんはとても賢い子で 犬とは思えない行動を見せる事がありました。

それまで飼っていた犬達への反省から この子達は家族として車に乗せて 
よく行動を共にしたものです。
お陰様で 当時の車の中は犬の毛だらけで 買い替えの時は気の毒なくらい
隅々の見えない処に毛がついていました。
ノエルとルパンは約10歳で亡くなり ブブちゃんは16歳まで生きました。

誰かの言葉のように どの子も私が愛するより もっと深く私の事を愛して
くれていたのだろうと気が付いた時 何だかつらくなります。



DSC04722.jpg
オオグイちゃんも抱っこが好きです。

DSC04720.jpg
チョビ君

DSC04725.jpg
半野生児に戻ったキータン。(裏庭で)

DSC04726.jpg
食事大好きのロンちゃん。手術の痕は完全に直りました。

DSC04730.jpg
おやつの時間のキュッキュちゃん。左の荷物は私の足です。



瞳DSC02148
瞳(Hitomi)

翆光DSC02146
翆光(Suikou)








スポンサーサイト

-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by mimiha
あらっ サツキのひとみちゃん。赤い花びらに♥模様のように白い色が入るのですね🎵 サツキは、独特の絞り模様の独壇場ですねー。

キータン、本当に野生を感じてしまいましたよん^^
みんなどの子も、南国の暖かな太陽と人の心に触れて、
元気でいてくれて、何よりだなぁ💛
ロンちゃんも、手術あとが綺麗になって^^
園主さんに感謝ー^^

最初は、ワンコちゃんだったのですね。どの子もちゃんと長生きをしてくれて、何だか感動🎵
2017.09.05 Tue 13:06 URL [ Edit ]
Posted by 園主
mimiha様
いつもありがとうございます。

さつきの花は 大きさや形・色等 これほど変化に富んだ
植物が他にあるのだろうか?と 思います。
盆栽としての樹形にこだわらなくても 花をきれいに咲かせる
だけで 十分だと自分では思っているんですよ。
でも 競い合って 欲が出てくるのでしょうね。

キータンは幼い頃は弱虫で 可哀そうなくらいお母さんの花子さんに
甘えていたのですが テンちゃんやノリちゃんが入ってきた事で
だんだんおかしくなり ミケ子とノリちゃんを目の敵のように
威嚇しながら追いかけるようになり できものも出てきました。
きっと家の中が嫌になったんでしょうね。
今は 食事の時甘えた声で近寄って来て 撫でる事はできますが
抱っこはされません。
家へ戻そうか!と だいぶ迷いましたが キータンは外の方が好きなのかと
今はあきらめています。
ロンちゃんは 特別におやつを多めに与えています。
おやつを持って行くと 声をあげながら走って来るんですよ。

今は使っていない部屋に置いてあった写真を見て 急に懐かしくなりました。
みんなとても可愛かった印象だけが残り もっと可愛がればよかったと
思ってしまうんですよ。

2017.09.05 Tue 14:06 URL [ Edit ]
こんにちは♪ Posted by miyako
あらま、園主さま、ワンちゃんを飼ってられた事もあるんですね。
洋犬は寿命が短いと言いますが16年も生きた子がいるのですね。
うちも今度はもっと一緒に連れて行こうと思います。
わんちゃんも多頭飼いでしたか。

キータン、えらい怖い顔をしてますよぅpp

瞳さんのシベ、一本だけまるでベビーパールのようです♪
2017.09.05 Tue 17:54 URL [ Edit ]
Posted by 園長
私も秩父に来て初めに飼ったのは
大型のコリー犬だったんですよ。
コリー犬は皆 テレビでやっていた
ラッシーみたいに賢いものと思い込んでいたので
実際に暮らしてみたらぜんぜん違うー(笑)でしたけど
犬はまた猫とは違う心の通い合いがありますね。

うちのコリー犬 次郎長は6年の短い命でした。
小型犬とはいえ 16年生きたブブちゃん、
園主さんのおうちがストレスなく
愛されて暮らせた証拠だと思います。
ルパンちゃんもノエルちゃんも
素直に性格が顔に出てるなぁ♪
2017.09.05 Tue 18:25 URL [ Edit ]
こんばんは Posted by みかん
後から 生まれてきた子たちとの
別れは 辛いものがありますが
これも 縁だと思います
また どこかで 生まれ変わって
わからなくても また 自分と関わってほしいと
願っています
悔いることは たくさんあっても そのことに
固執しないことですね、園主さんの情の深さは
猫ちゃんたちが みんな 証明してくれてますね
長生きしてくださいよ(*^。^*)
2017.09.05 Tue 19:48 URL [ Edit ]
Posted by 園主
miyako様
いつもありがとうございます。

私は元々完全な犬派でして 小さい頃から犬が絶えた事は
無かったですね。
さつきの盗難が続いた時期は 柴犬を数頭飼っていました。

猫に関しては 色んな悪いイメージを吹き込まれていたのと
盆栽に猫はちょっとマズいですよね。
実際に1階の子供達がノラ猫だった頃 さつきの枝から枝へ
飛び移って遊んでいました。
でもその頃はすでに 可愛く感じられるようになっていたので
叱る事もなかったですね。

キータン 本当に顔つきが変わってしまったんですよ。
あんなに抱っこされたがっていた子が 抱っこしようとしたら
シャー!と 威嚇して飛び降りたんですよ。
もう 家の中は無理だと思いましたね。

瞳さんはまともに咲いてくれるときれいなんですが なかなか
思うように咲いてくれません。ヘタクソなんでしょうね。
2017.09.05 Tue 21:11 URL [ Edit ]
Posted by 園主
園長さん
いつもありがとうございます。

私も 初めての血統書付きの犬は お隣の方から頂いた
大人のコリーだったんですよ。
無駄吠えは多かったんですが 優しかったですね。
犬は表情が豊かなのに 理解しようとする心が欠けていて
あの頃を思うと 本当に反省するばかりです。

犬や猫は 出会った人しだいですね。
時代背景や年齢的なものもあったとは思いますが それは
犬や猫達にとって 幸せになれるか不幸になるかと言う
厳しい分かれ目でしかないんですね。
シャオちゃんや 今のハルさんだって とても幸せだと思うし
あの子達が幸せに暮らせる事は 当然 他の専務さん達も
みんな幸せって事だと思います。
園長さんの思いやりと優しさが そんな世界を築いているんですね。
お礼を言いたい気持ちで一杯ですよ。
2017.09.05 Tue 22:24 URL [ Edit ]
Posted by 園主
みかんさん
いつもありがとうございます。

そうですよね。私も出会いはすべて縁だと思います。
その縁をどう生かすかは その人次第かも知れませんが
人間以外の生き物は 余りにも純粋で負けてしまいますね。
後になって悔いを残すのは 私もあの子達を愛していたって
事でしょうね。ほんの僅かな救いかも知れません。
人間はどんなに親切にしても 疑いを持ったり 驚くような
ことを考える人がいて 構わなければ良かったと思う時が
あるんですね。
人間のスレた考えに 恐れを感じる時さえあります。
でも 猫達は純粋に喜び 信じて待っていてくれます。

みかんさんは うにちょこちゃんに加え 松子さんのお世話
本当に大変だったと思います。
手が掛かるばかりの弱った老猫が入り込んで来たのを 面倒を
みずにはいられない そんなみかんさんに頭が下がります。
私は大した事はできませんが せめて今 接している猫達が
少しでも幸せを感じながら生きて欲しいと願い その為にも
私が元気で長生きするしかないと思っています。
山の猫達に餌をあげている女性も凄い方だと思います。
この年になっても 見習うべき人が沢山いらっしゃるようです。
2017.09.06 Wed 00:04 URL [ Edit ]
Posted by M.O
9月の声を聞いたらめっきり涼しくなり秋も早いのかなと。
うちのチョコ(柴雑種 ♀)の命日ももう直ぐで1年です。
うちのが毎朝 餌と水を上げています。感心ですね
2017.09.07 Thu 13:59 URL [ Edit ]
Posted by 園主
M,O様
いつもありがとうございます。

こちらも 雨が続いている事もあり 気温はかなり下がって
早朝は肌寒いくらいになりました。

犬や猫は どうして欲しい!とか 喋らないので あとになって
こうしてやれば良かった ああしてやるべきだった!と 悔い
ばかり残ってしまいます。
犬達を飼っていた時は まだ子供達も小さくて 仕事に必死でした。
でも 命を預かっていたのですから そんなの言い訳にはなりませんよね。

亡くなってからも 毎朝 お水と餌を供えられる奥さんは立派ですね。
心の温かい方ですね。
でも 類は類を・・・と言う様に M,Oさんが優しいからだと思います。
そんな家庭で一生を送る事ができたチョコちゃんは幸せ者ですね。
今も 感謝しながら 見守ってくれていると思いますよ。
2017.09.07 Thu 22:12 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/382-18399eaf

Top↑