盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2017.01.11 Wed
初詣
DSC03016.jpg
祐徳稲荷神社



彩春DSC01890
彩春(Saisyun)



今年も 初詣は佐賀の祐徳院へ参拝しました。
もう かれこれ30年近く通っているのですが どうにもならない
大きなトラブルに苦しんでいた時は 毎回 山の頂上まで祠を
ひとつずつお参りしながら登りました。
願った結果とは程遠かったものの その時 助けてくれる人がいた事や 
これまで無事に過ごせてこれた事に感謝して 毎年お参りをしています。
頂上まで登らなくて済むのは その頃のような苦しみが無いからだと思います。
お参りさえすれば 何でも良くなるとは思いませんが 苦しさに耐えるための
方法のひとつだと思い 一年がかりで貯め込んだ小銭を持って すべての祠の
さい銭箱に小銭を入れながらお参りしていました。
頂上に着いた時は 冬でも汗が出る程疲れますが その時だけは達成感があり 
苦しむことを忘れさせてもらっていたような気がします。

去年は この仕事に携わってから初めてと言う程 消毒をサボりましたが 
どうにか蕾はついているようです。
気候のせいか?シンクイ虫などの害虫が少なく 水やりだけは欠かさずに
助かったみたいです。
今年は 心を入れ替えて頑張らなければ!と思っています。



明翆DSC01872
明翆(Meisui)

白い花かざりDSC01861
白い花かざり(Siroihanakazari)

絹の舞DSC01856
絹の舞(Kinunomai)

五月晴DSC01869
五月晴(Satukibare)

楠玉DSC01878
楠玉(Kusudama)


DSC03021.jpg
テンちゃんとチロ君

チビ君DSC03027
チビ君

DSC03032.jpg





スポンサーサイト

-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by mimiha
園主様 どうにもならない苦しいこと、そんな時代があったのですね。そして、それが遠くなって^^ 順風満帆ということは、どなたの人生にもないですよね。やはり、躓いて、傷ついて、時間だけがお薬のように感じた日々を乗り越えて。

何だか、しみじみしちゃいました^^
そして、ラストのお写真に花まるを^^

苦労した分だけ、人に優しくなれる
、そうおもいました^^
2017.01.11 Wed 10:13 URL [ Edit ]
Posted by 園主
mimiha様
いつもありがとうございます。

今が順風満帆と言う訳ではありませんが あの時は
生活の基盤を失いかねない大きな試練でした。
でも その事によって「捨てる神あれば拾う神あり」と言う言葉を
身を持って実感させられました。
不思議な事に 捨てられた事より救われた事の方が強く心に残り
今でも言葉で言い表せない位 感謝しています。
妻と長女が何かの時に「あの時パパはよく生きてたネ」と言ってくれます。
自分でも よく体を壊さなかったなぁと思います。
人間にはmimihaさんのような優しさが一番大切だと思います。

一番下 今も毎日行ってます。皆元気ですよ。
2017.01.11 Wed 12:57 URL [ Edit ]
こんにちは Posted by みかん
苦しい時って 藁にもすがる思い、ってこと言われますが
ホント そう思います
身内の冷たさや 思いもしない他人の優しい言葉
娘が生まれてすぐのころのことなど よぎりました
苦しみの後には 幸せが
まだまだ 試練も多いけど 何とか 生きていけるのも
何かしらの縁のなせる業だと思います
山のにゃんこちゃんたちも 家のにゃんこちゃんたちも
優しい顔ですね (*^。^*)
2017.01.11 Wed 13:21 URL [ Edit ]
こんにちは♪ Posted by miyako
お稲荷さんというのは、奥に山があるというのは共通なのでしようか?
伏見稲荷にもあって、私達はそこまで行くことはなかったのですが、(行って戻ると時間切れになりそうだったから)。
人生は必ずしも順風満帆とは行かないですよね。
みんな何かしら乗り越えて来ていると思いますが、お商売をなさっていると尚更ですね。
頂上に行くその道のりにこそ意味があるのかも知れません。

絹の舞・・可愛いですね~♪
まぁるい花びらがベゴニアのようです。

ラストはお山の猫さん達、元気そうですね♪
2017.01.11 Wed 15:05 URL [ Edit ]
Posted by 園主
みかんさん
いつもありがとうございます。

 父が仙人のようにしつこく生きているか 姉夫婦が
もっと優しい人間だったら起きなかった問題です。
どれもあり得ない話で現実は残酷でした。
父の死後 3件の裁判・調停は10年にわたりました。
私も自分の身内とは縁が無く その時助けてくれた
義母や義兄と親しくお付き合いしています。

現在も 次女の置き土産を目の前に苦労していますが 
あの時の事を思うと 苦しさの上では比較になりません。
この世が修行の場とはよく言われたものですよね。
でも つらい事が多いからこそ 優しさや嬉しさが身に
しみるのでしょうね。
2017.01.11 Wed 17:36 URL [ Edit ]
Posted by 園主
miyako様
いつもありがとうございます。

私も佐賀と熊本の2か所のお稲荷さんへ行ってますが
そう言えば どちらも山つきで 頂上まで祠がありますね。
熊本の「高橋稲荷」は 地震で上へあがる事ができなかった
のですが 正月は3階位の本殿まで行けて そこから上の
山は祠もろとも 跡形もなくさら地になっていました。
入口の大鳥居は早くに修復されましたが すべてを元通りと
言う訳にはいかないようですね。
一口だけですが 復興の基金をお渡ししてきましたよ。

さつきの美しさを少しでも多くの方に知ってもらうためにも 
がんばらなければいけませんね。
今年も写真を撮りまくろう!と意気込んでいます。
2017.01.11 Wed 18:54 URL [ Edit ]
Posted by 園長
お稲荷さんは山の頂上まで祠があるんですか、
登りながら何度も何度も祈らなくてはいられないくらい
辛いことが 生きているとありますよね。
私も愛情深い身内には縁がなかったなぁ。。。

園主さんの場合は それこそ
無事に生きていることが奇跡のような
辛い環境だったのでしょう、
詳しいことはわからないながら 重みを感じます。

やさしさを持って生まれた人は
苦労を乗り越えると一層
苦しんでいる命の声が聞こえるんですね。
たくさんの猫たちを助けてくださって
本当にありがとうございます!

今年もあでやかなサツキの写真、
たくさん見せてくださいね、お願いしま~す。
2017.01.11 Wed 21:53 URL [ Edit ]
Posted by 園主
園長さん
いつもありがとうございます。

そうですね。細くて急な坂道や階段が続いて 横道に
それた所にも祠がいくつも並んでいます。
小銭袋を持ってそれをひとつずつお参りしながら登るんですよ。
細かい事までは憶えていませんが 正月だけでなくて
毎月 頂上までお参りしていました。
民事ではありますが 被告人にされたんですからね。
それも実の兄弟からだったのでショックでしたよ。
うちは兄弟(4人)の仲はとても良かったんですが それぞれ
独立して家庭を持つと 変わってしまうみたいですね。
結局 同じだと思っていたのは末っ子の私だけだったようです。

私は母チビ親子や花子さん親子と出会ってから 以前 やせ細り
ながら座ってこちらを見つめていた子猫の事が忘れられません。
餌をやると居着くからやってはいけない!と聞いていたので
冷たく放ってしまった事への後悔を抱いています。
だから 人から何と言われようと 生きて餌を求めて来る猫を
見殺しには出来なくなったんです。
それに 以前飼っていた犬達にはとても悪かったと思っています。
どうしてもっと可愛がってやらなかったんだろうと反省ばかりです。

園長さんの言葉はとても励みになっています。
今年はさつきを頑張ろう!と思っています。ありがとうございます。
2017.01.12 Thu 09:47 URL [ Edit ]
Posted by M.O
人生色々 山有り 谷有りで苦しみの方が多いような気がしますけど 優しさにあうと捨てたもんじゃないですね。

2、3日前から寒波がやって来て平年通りの寒さ、積雪になって来ました。きっと皐月もジーッと耐えていることと思います。

今年は我が家の皐月も今まで以上に手を掛けて楽しみたいと思っていますのでお互い頑張りましょう。
2017.01.12 Thu 09:52 URL [ Edit ]
Posted by 園主
M,O様
いつもありがとうございます。

私もそう思います。優しさが一番じ~んときますね。
この年まで生きてきて 沢山の結果らしきものを見ましたが
良いとこ取りで済むことは無いようですね。
山あり谷ありで プラスマイナス・ゼロになるのだと思います。

今年の寒波は凄いみたいですね。
それに まだまだ続きそうですから 注意が必要でしょう。
さつきを雪の重みから保護するのも 大変なのではないでしょうか。
さつきも生きているので 手をかけた分だけ応えてくれますよね。
そうですね。今年も頑張って咲かせましょう!
2017.01.12 Thu 14:56 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/353-6b8c0f48

Top↑