盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2016.03.26 Sat
白恵比須
白恵比須(枝変わり)018
白恵比須(若恵比須の枝変わり)DSC01172
白恵比須(Siroebisu) 若恵比須の枝変わり



「白恵比須」が新花として発表された時は 九州産の人気品種「若恵比須」の枝変わりとして期待され かなりの話題を呼びました。
「白恵比須」の親木が九州から栃木の業者へ持ち込まれた時は この品種をどんな方法でデビューさせるか?知恵を絞ったという事を国生さんから聞いています。
後に この「白恵比須」は本当の枝変わりではなく 何かとの交配種であると言われるようになりました。
実際 私が仕入れていたかなり大きな木の数本に 「若恵比須」の枝変わりなら出るはずのない 薄紫の絞りが出ていました。それに開花時期も遅く 花びらにも少しフリルがつき 私自身も少なからず疑問を抱くようになっていました。
それでも見事に咲かせた時の花は底に緑がにじみ 白花の中では最高峰の一つである事を
見る人誰もが感じられたと思います。

数年前 これが本物の「若恵比須」の枝変わりだ!と言う「白恵比須」の苗を手に入れる事ができました。しかし 知る人ぞ知る・・・で 大きく違った花でもなく ただ疑問を持っていた私などはこだわりがあったので この花を自分で確認して 世に知らしめたいと言う気持ちがありました。
さつき界が寂しくなってしまった今 商売に効果が出る事もありませんが 私自身興味があり この花は大切に育ててみたいと思っています。

うちのニャンコ達は皆元気です。
1階も2階もオスの方が甘えん坊で 部屋に入ると出そうとしません。
これから 水やりや消毒に追われる毎日になり 猫達との時間が少なくなるでしょう。



白恵比須IMG_3717
白恵比須(Siroebisu)登録されている交配種と思われる方
若恵比須IMG_4994
若恵比須(Wakaebisu) 親となる品種



緑花の泉(Ryokukanoizumi)DSC02017
緑花の泉(Ryokukanoizumi)

緋の鳥(Hinotori)DSC02066
緋の鳥(Hinotori)

紫扇(Sisen)DSC02079
紫扇(Sisen)

海ほたる(Umihotaru)DSC02069
海ほたる(Umihotaru)

ほたる(Hotaru)DSC02064
ほたる(Hotaru)



DSC01152.jpg
チロ君

DSC01153.jpg
ノリちゃん




スポンサーサイト

-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by mimiha
サツキの花、本当に本当に美しく、また奥が深いものなのですねー。花は、交配によって新品種が出るわけなので、親が何であったかは、とても興味深いものですね。
白い花には永遠だなぁと思わせる美しさがありますねー。

のりちゃん。沢山いるにゃんこの中で、何となく私はのりちゃんが可愛くなってしまいましたーー^^
2016.03.27 Sun 11:10 URL [ Edit ]
こんにちは♪ Posted by miyako
交配のことはとても難しゅうございます。
白い色にも奥深きものがあると言うことでしょうか?

チロ君もノリちゃんも、お花のお布団で
気持ち良く寝入っていますね♪
ニャンコの寝姿を見ているとこちらも眠くなってきます(^・^)
2016.03.27 Sun 15:08 URL [ Edit ]
Posted by 園主
mimiha様
いつもありがとうございます。

さつきの世界にも 実生家と呼ばれて新種を作るのに人生を
かけたような方達がいます。
それと 突然変異によって一つの樹に今までに出ていない花
例えば2色咲き等が出現した時 その花を固定して新花登録
したりして新しい品種が生まれます。
さつきも白い花で 美しい!と思われる品種はわりと少ないようです。
その中で「大雪山」は素晴らしい銘花だと思います。

私にとっては どの子もみんな同じように可愛いのですが ノリちゃんは
苦労の子猫時代と最近の容姿に余りのギャップがあるので 見る人からすると
ちょっと劇的だったのかも知れません。
ノリちゃんも初めは警戒して近寄ってくれず そばに来るまで時間がかかりました。
懐いた後は 皮膚病の時も 私が店の椅子に座ると必ず膝の上にのって来て
安心したように寝ていました。毎日の事だったので 私もなおさら情が移り
ほっとけない様になってしまいました。でもよかったと思っています。
mimihaさんにもそんな風に思って貰えてノリちゃんも幸せだと思います。
ありがとうございます。
2016.03.27 Sun 15:42 URL [ Edit ]
Posted by 園主
miyako様
いつもありがとうございます。

さつきの実生は 花を確認するまでに時間がかかり
かなりの辛抱が必要です。
それに 親以上の花はなかなか出現せず 思った以上の
花が咲いた時の喜びは格別だと思います。
本当に奥の深い世界ですね。

わたしもぐっすり寝ている時の姿が可愛くて好きなんですが
それとカメラの腕が無いので 寝てる時しか撮れないんですよ。
最近 miyakoさんとこの美々たんも時々拝見しますが 
顔を見るだけで癒されそうですね。
幸せを感じます。
2016.03.27 Sun 15:59 URL [ Edit ]
こんばんは Posted by みかん
説明されると なるほど~って 思うんです
時期に 忘れます><。
実際に かかわってないと 何事も
苦労は わからないものですね☆
すやすや~寝入ってるねこちゃんたち 
もふっと うずくまりたい( ゚∀゚)アハ
2016.03.27 Sun 20:08 URL [ Edit ]
Posted by 園主
みかんさん
いつもありがとうございます。

私だって同じです。大切な事だったら何かに書いていないと
自分の事でも忘れてしまいます。
先日は義母を病院へ連れていく約束をしていて その日に
なって完全に忘れてしまい お隣で義母の話をして思い出し
慌てて迎えに行き 忘れ物までしてしまいました。
物覚えが悪い上に老化現象まで出て散々です。

本当に猫達はよく寝ますね。
最近 また寒くなったので ミケ子が布団に入って来てくれます。
おかしいかも知れませんが 感謝感謝!の毎日です。
2016.03.27 Sun 20:54 URL [ Edit ]
Posted by 園長
若恵比須という品種はピンクの花で
その中に真っ白な花の枝が出て 
それが新しい白恵比寿という品種になったのかな?
それでも先祖がえりをおこしたりして
品種を固定するというのも難しそうですね。


平和の象徴はハトより寝ている猫のほうが
ふさわしいと思うくらい
見てると穏やかな気持ちになれますね~(*^。^*)
2016.03.28 Mon 19:04 URL [ Edit ]
Posted by 園主
園長さん
いつもありがとうございます。
新花を登録する時の親木は 自己申告なのでよくわからないのも
結構あるみたいですよ。
どちらの「白恵比須」も 私が見た限りでは先祖返りが出た事はありません。
本当なら 枝変わりなので「若恵比須」が出ても当然だと思うのですが。
初めのやつがまゆつば物でしたから どうも・・・ってところもあります。
でも 何はともあれ 新しく出たのを固定するのは大変みたいです。
園長さん かなり詳しいですね。

おっしゃる通り 猫の寝顔は平和そのものですね。
見ていると可愛くて仕方なくなります。
今も パソコンのテーブルの上でチロ君とミケ子が寝てますが 安心しきった
寝顔が気持ち良さそうで何とも言えません。
何を考えているんでしょうね?
2016.03.28 Mon 20:36 URL [ Edit ]
Posted by M.O
品種登録は木を信用するか登録者を信用するか 難しいですね。鳩の世界も紙(血統書)より作出者を信用して買えと良く言われます。それでも親を超える成績を出すのは少ない。

ニャン子ちゃんの寝姿って癒されますね。
こちらも 漸く陽の当たる場所へ皐月を出しました。
新芽の伸びが楽しみです。
2016.03.29 Tue 14:26 URL [ Edit ]
Posted by 園主
M,O様
いつもありがとうございます。

伝書バトは血統書があるんですか。
でも 考えて見れば当然でしょうね。
よい成績を上げる鳩の血統が欲しいでしょうから・・・。
有名になった犬の交配に 兄弟犬を何匹も使って
どんどん交配させて稼ぐ人がいると聞いた事があります。
本当に紙より人ですよね。
さつきの世界では 親に負けないような優性遺伝子を
持つのは 100本に1本もないだろうとの事でした。

ニャンコの寝姿は可愛いですね。
2匹で抱き合って寝ている時なんか 何とも言えません。
癒されることで どれほど救われているかわかりません。
寒い地方は こちらでは考えられない苦労があるようですね。
こちらは真冬に植え替えても外に置けるようなとこですから
恵まれてますよね。新芽もかなり伸びてきました。
2016.03.29 Tue 19:37 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/316-ee39d91a

Top↑