盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2016.03.05 Sat
おもいで話
4年前の花季展(当園 展示場内)
006_201603051958440b5.jpg

002_20160305195843b90.jpg




年を取ったからでしょうか 昔の事をよく思い出してしまいます。
さつきに出会う前は草花と盆栽を取り扱っていたので 盆栽のセリにも出かけました。
その頃 久留米に兄弟で同じ敷地内に隣同士で盆栽屋をされている方達がいて どちらも地元では有名な方達でした。 
お兄さんの方は少し社交的?で盆栽の講師等もされていたそうですが 弟さんは口下手で職人気質の方だったように思います。
自宅でも定期的にセリ市を開催されていましたが ある時 珍しく花卉農協(切り花や鉢花専門)で盆栽の売りたて会が行われた事があります。
その場に弟さんも来ていたので隣に座り セリに参加していたら 持ち崩した手頃なサイズの黒松がセリにかけられ 弟さんが「買った方がよかよ!」と言われたのですが すぐに売れるような木ではなく 改作する技術もなかったので躊躇していたら 「そんなら俺が買うばい」と競り落とされました。
とても気になっていたので 数日たって見に行った所 仕上げられていた姿はまるで別物になり これが職人技で盆栽なのだ!と驚き かなりの付加価値がついたその黒松を迷う事なく買って帰ったと言う思い出があります。
この事が 私の盆栽に対する意識を変えるきっかけになったように思います。
それからしばらくして 私はさつき専門の道へ進み 一般の盆栽を扱わなくなったので
その方達とは疎遠になりましたが 弟さんの方は若くして亡くなられたと聞いています。
まだ駆け出しで若い頃の思い出話でした。今では さつきの花に夢中です。



8年前の 当園愛好会秋季展の作品
007_20160305195958be3.jpg
日光
006_20160305195957ff6.jpg
若恵比須(株立ち)1本の木です。
004_2016030519595514b.jpg
華宝
001_20160305195954b25.jpg
晃山



紅雲066
紅雲(Kooun)


ミミちゃんとリリちゃんDSC00785
ぺぺちゃん(左)とリリちゃん(右)

ぺぺちゃんDSC00781
ミミちゃん




スポンサーサイト

-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
こんばんは Posted by みかん
すごいです、花季展 
こういう展示会 足踏み入れたことがないので
目の前にしていたら いい香りがして
もっと 素敵に感じるんでしょう
花をいじってると その植物と関わった思い出が
よみがえります
ひとり 花と向き合ってる人の多くは
そういうことが 多いのではと思います
ぺぺちゃんと ノリちゃん 何をお話してるんでしょう
|д゚)チラッ ミミちゃん 何してるのかなぁ^^
2016.03.05 Sat 21:11 URL [ Edit ]
Posted by 園主
みかんさん
いつもありがとうございます。

一番嬉しいお褒めの言葉です。でも さつきはにおいが無いんですよ。
残念ながら うちの愛好会の展示会はこれが最後となりました。
改めて見ていると さつきは本当にきれいですよね。
でも こんなかたち(花が主体)の展示会は ほとんど見る事ができません。
月間「さつき研究」の記者さんから 西日本地区ではうちだけだろうと
言われた事があります。
今は ほとんど下のように 形を重視した盆栽型ばかりです。
うちでは逆に初心に戻って 花を見るさつきへ切り替えていったんです。
元に戻る事ですが 新しい事をするのは難しいですね。

ぺぺちゃん達の写真は 何となく微笑ましかったので載せてみました。
4兄弟とても仲が良いんですよ。
そんな兄弟達に私も癒されてます。
2016.03.05 Sat 22:10 URL [ Edit ]
Posted by mimiha
見事だなぁ~ 。こんなに見事に仕上がったサツキ。ここまでされるには本当に時間と手がかかっていますよねーー。
素晴らしいです。
そして、盆栽もまた・・・・ いいなぁ。

出会いのお話、そして早くに亡くなられてしまわれたのですねー。心に残るお話、そして、ちゃんとその方を記憶されていて、思い出している園主さん。いいですね^^
亡くなられた方への供養は、思い出してあげること。ですものね^^

猫ちゃん達の写真もまた、ほっとなごみました^^
2016.03.06 Sun 09:27 URL [ Edit ]
Posted by M.O
時間がたっぷりあるので古い「さつき研究」をめくっていたら
名前がありました。あの頃は皐月全盛だったのでしょうか?

ニャン子ちゃん達も少し暖かくなって昼寝に丁度いいかな
2016.03.06 Sun 10:45 URL [ Edit ]
Posted by 園主
mimiha様
いつもありがとうございます。

展示会に出品するとなると 品種選びから始まり
手間や年数もかかります。
初めの頃は 出来上がったものを買って展示されるのが
普通でしたが かなり前から自分で作ったものを展示
されるようになってきました。
今は初心に戻り 花物が殆どを占めるようになりました。

地元や関東の多くの先輩たちのお世話になり ここまで
やって来れたと思っています。
今は 可愛い猫達と隠居生活のようになってしまいましたが
子供達から 頑張れ!と励まされています。
2016.03.06 Sun 12:57 URL [ Edit ]
Posted by 園主
M,O様
いつもありがとうございます。

M,Oさんも 少し退屈になってこられたのでしょうか。
でもすぐに 時間が足りなくなるのではないでしょうか。
私はやる事はキリがないくらいあるのに 残してしまいます。
九州で初の「さつき秋季展」をやったのは うちだと思います。
「花季展」はもっと前からですが 「秋季展」は1986年から
毎年開催してきましたが どちらも中断?しています。
確かに全盛期だったと言わざるを得ないようですね。

猫達はとても気持ち良さそうです。
ただ 暖かくなって布団に入って来なくなったのが寂しいですね。
2016.03.06 Sun 13:12 URL [ Edit ]
こんばんは♪ Posted by miyako
お昼にコメントを入れたはずなのに・・しくじったのかしら?
園主さまは承認制でしたか?
今夜は失礼して出直します。
首から上がぼ~~
2016.03.06 Sun 22:48 URL [ Edit ]
Posted by 園主
miyako様
わざわざ ありがとうございます。

実は私も頻繁にやらかしています。
昨日もそうだったので 何度も見直して入れたんですよ。
コメントのお返しだけでも大変なのに ご丁寧に
おそれいります。   承認制ではありません。
どうぞ ごゆっくりお休みください。
2016.03.06 Sun 23:08 URL [ Edit ]
Posted by 園長
盆栽は難しいですね。
私などにはどういう樹形が良いのかさえ
よくわかりません。
一度 切り落としてしまった枝は
あ、間違えたと思っても もうくっつかないし(^-^;)

プロの方が仕立てたものは
まるで大木のような風格があって
気圧されるようです。
園主さんのお知り合いの方は
そんな腕をお持ちだったのに
早く亡くなられてしまったのがつくづく惜しいですね。

サツキは、
こんなに個性的な花がたくさんあるなんて
園主さんのブログを見せてもらうまで
知りませんでした。
そんな人がたくさんいるんじゃないかなぁ。
2016.03.07 Mon 20:17 URL [ Edit ]
Posted by 園主
園長さん
いつもありがとうございます。

盆栽は人によって色んな好みがある所が難しいですね。
初めのうちは奥の深さが分からないものだから 少し作れるようになると
天狗になる人が多くて 仲が悪くなる愛好家も多いみたいです。
その点 花物は花の美しさを競うのですから 誰にでもわかりやすいと思います。

以前 さつきの銘木の素材発掘と独特の樹作りに於いては日本でも有名な大先輩が
隠すように別棟にしまい込んでおられた 細い長尺の花物を私に見せて
「これは俺の趣味だよ」と言って照れ笑いされました。
その方は見かけを気にしない 樹作りの職人のようなイメージしかなかったので
意外でしたが 考えて見れば初めは誰もが花に魅せられてこの道に入ったのです。

このブログを始めて 少しでも多くの方にさつきの花の美しさを知って頂けたら
良かったと思います。
園長さんの温かい言葉で これからも頑張れるような気がします。
2016.03.07 Mon 23:15 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/314-92b566ee

Top↑