盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2015.09.14 Mon
熊本・田ノ浦の「赤松館」
DSC00301.jpg
江上トミさん



私でも知ってる 有名な料理研究家「江上トミ」さんの生家へ行ってきました。

初めの目的は 以前行った事のある芦北のレストラン「パザパ」へランチを食べに行く予定でしたが 運悪く(?)休業だったので 娘夫婦の勧めで「赤松館」でカレーを食べる事になったのです。
田ノ浦の国道3号線から少し入り込んだ場所にありますが 国道から順次案内板が立てられ 案外分かりやすい所でした。

到着して驚いたのは その佇まいです。
1000坪の敷地内に建坪200坪余りの豪邸が鎮座し 駐車場の正面が別棟の展示場と小さなカレー屋さんになっていました。
食事の後 入館料・大人500円を払い カレー屋にいらしたご主人がボランティアで話される 
丁寧で詳しい説明を聞きながら邸内を案内してもらえます。
当主さんは 今尚お住みになっているそうですが この日はお留守でお会いする事はできませんでした。

この豪邸が「江上トミ」さんの生家だとは驚きです。
戦前は田ノ浦から八代市までの広大な農地を所有する豪農だったそうで 「江上トミ」さんはとてつもないお嬢様だったんですね。
最近では NHKによく出演されている 「ベニシア」さんも時々訪れるそうです。

「赤松館」(せきしょうかん)は本来(あかまつのやかた)と呼ばれていたそうで 詳しい説明をお聞きしたのですが 余りに広くて覚えきれなかったので 写真をご覧ください。



DSC00348.jpg
右が本宅と蔵・正面が離れの蔵と食堂

DSC00350.jpg
3つの門の中で一般の人が通れる門(今の入り口)

DSC00347.jpg
正面玄関

江上トミさんの写真と資料の展示DSC00325
江上トミさんの写真と資料の展示

このかまどが江上トミさんの料理の原点だそうですDSC00303
この6連かまどが江上トミさんの料理の原点だそうです。(すべて当時の物)

DSC00345.jpg

DSC00339.jpg

DSC00331.jpg

DSC00314.jpg

DSC00334.jpg
2階(ほんの一部)の天井(建築半ばで戦争になったため 梁や柱がむき出しになったままだそうです)

西南戦争で焼失する以前の熊本城の写真DSC00330
西南戦争で焼失する前の熊本城(熊本で最古の写真)

DSC00286.jpg
別館に展示されているキルト等の一部

DSC00284.jpg
これらの写真は 建物のほんの一部に過ぎません。
実物の凄さは 素人写真ではとても表現する事ができません。
一度ご覧になる事をおすすめします。




DSC00278.jpg
お話はキータンでした。






スポンサーサイト

-    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by mimiha
わぁーー 何だか感激してしまいました。江上トミさん。
ふっくらとして、笑顔の人。そんなイメージがありました。
本当に素晴らしいお家。まさに「お嬢様」だったのですね~。

そして、阿蘇の噴火、どうぞそちらに影響がありませんように。お大事になさってくださいね☆

キータン かわいいです♡
2015.09.14 Mon 19:10 URL [ Edit ]
Posted by 園主
mimiha様
いつもありがとうございます。

私は九州にいながら 江上トミさんが九州出身だという事さえ
知りませんでした。
ましてや あのようなお嬢様だったとは驚きました。
昔 TVで拝見していた時は 普通のおばちゃんのイメージしかなく
それが なおさら凄い人だったんだな!と感心しました。

阿蘇は大好きで 以前は子供達を連れてよく遊びに行きました。
私は福岡県なので 噴火の影響は全くありません。
島原(長崎)の普賢岳が噴火した時は 毎日灰が積もり 洗濯物も
干せませんでした。ご心配いただき感謝します。

キータン可愛いでしょう。気が強くてとても甘えん坊なんですよ。
2015.09.14 Mon 19:46 URL [ Edit ]
こんにちは Posted by みかん
江上トミさん 九州だったんですか
わたしも 知りませんでした、むかしは 料理研究かなんて
すごくぜいたくな仕事だったんですよね、納得です
猫ちゃんって 箱がすきなんですよね、
発泡スチロールだと そりゃ 大騒ぎで
体中 白い粉だらけになって 遊んでました^^
阿蘇山噴火の影響 火山灰とか ありませんでしたか
2015.09.15 Tue 09:54 URL [ Edit ]
Posted by 園主
みかんさん
いつもありがとうございます。

何も知らずに行った所が 「江上トミさん」の生家でした。
娘達はまだ若いので 何にも気にしてなかったようです。
「江上」と言う姓は お母さんが結婚される時 姓が絶え
ないように 初めの子に自分の姓を継がせる約束で結婚され
「トミさん」が最初の子だったんで 大きくなられてから
お母さんの実家の姓を名のられたのだそうです。

うちもどの子も箱が大好きで いつも誰かが入ってます。
あんまり可愛かったんで 写真に撮りました。

阿蘇からは かなり離れているので影響は全くありません。
気にかけて頂き ありがとうございます。
2015.09.15 Tue 16:47 URL [ Edit ]
こんばんは♪ Posted by miyako
素晴らしいお屋敷ですね!
お嬢様で上げ膳据え膳だったでしょうに、お料理に興味を持たれたのですね!
こうやってお屋敷が残されていることはとても良いことです。
江上トミさんのお名前は知っているのですが、お料理されている姿はあまり記憶にございません。
割烹着姿でしたかしら?

阿蘇山、今はまだレベル3ですがひどくなると影響があるのでは?心配です。どうぞお気をつけなさって下さいませ。
2015.09.15 Tue 19:57 URL [ Edit ]
Posted by 園主
miyako様
いつもありがとうございます。

本当にすごいお屋敷でした。
2階の天井部分が完成する前に戦争になったため
天井板も張られずむき出しでしたが その材料や
造りが余りにもすばらしいので 今でも大工さん達が
勉強に来られているそうです。

「江上トミさん」のお顔は覚えているのですが どんな
かっこうをされていたか?は私も覚えていません。
カレーにはレシピが活かされているとお聞きしました。

阿蘇山は うちからかなり離れていますので 全く影響は
有りません。ただ 遊びに行けないのは残念です。
ご心配下さって ありがとうございます。
2015.09.15 Tue 20:28 URL [ Edit ]
Posted by M.O
いやあ スケールが大きくて凄いですね。
こういうのは何時までも大事に残こして欲しいものです。

ベニシアさんも訪問されているんですか! 古民家、庭、料理と共通点がある訳ですね。(ニャン子かも)

横綱2連覇のよし風関も福岡出身じゃなかったですか?
台風の目ですね。期待しましょう。
2015.09.16 Wed 09:41 URL [ Edit ]
Posted by 園主
M,O様
いつもありがとうございます。

東北の豪農の館はTVでもよく見かけますが 九州にあるのは
気付きませんでした。
私の友人も 先祖が庄屋さんだったそうで しっかりした蔵も
有りましたがスケールが違うようです。
もの凄くしっかりした造りだから そのまま残ってるんでしょうね。
ベニシアさんは 今年も訪問の予約をされてるそうです。

福岡も良い力士がいるようですが 何といっても日本人の力士に
もっと頑張ってもらいたいですね!

お陰様でうちのニャンコ達は皆元気です。
2015.09.16 Wed 14:51 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/290-f9655b31

Top↑