盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2014.09.29 Mon
母・チビの想い出
IMG_5382_20140929223048580.jpg
母チビと子供達

平成24年9月26日に、「母チビ」は避妊手術を受け、そのまま悲しい知らせが届いてから、2年の月日が流れ去りました。
今でも何となく、「母チビ」達がいた空き家へと足が向いてしまいます。
どこからともなく出てくるような気がして、あたりを見回しながら空しく帰ります。
今考えると、ノラ猫があれほど懐くものなのか?不思議でなりません。
初めて出会った時、餌を手から直接くわえ、少ししてからはどこで出会っても嫌がりもせずに抱っこされ、信頼しきっていたようです。
体が小さいので、食事の時他の猫から何度か襲われたことがあったので、うちの近くで見つけた時は抱っこして玄関から入れて餌を与え、帰りも時々抱いたまま子供達の待つ空き家まで送られるのを嫌がりもしませんでした。
亡くなってから、以前から後ろ足の親指1本が骨折したままだった事を知らされた時は、余りにも悲惨な生涯に悲しみが深くなるばかりでした。
ほんの数カ月の交流だったのに、今でも思いが薄れる事は有りません。

「母チビ」がのこしてくれた子供達を我が家に引き取って、9月30日で2年になります。
2階の部屋で兄弟仲良く暮らしています。
いつまでも家族として元気でいて欲しいと思います。



IMG_2325_201409292230463c5.jpg
家の中で食事中の母チビ

チビ君のあくびDSC00413
いつも母チビの傍らにいたチビ君のあくび

ミミちゃんDSC00408
小さい頃耳が大きかったミミちゃん

リリちゃんとぺぺちゃんDSC00416
リリちゃんとぺぺちゃんの昼寝

ノリちゃんDSC00399
ついでに、美人?になりつつあるノリちゃん



千裕IMG_4867
千裕(tihiro)
春苑IMG_4862
春苑(syun en)
光圓IMG_4853
光圓(kouen)
花舞妓IMG_4833
花舞妓(hanamaiko)
紫光の舞024_2
紫光の舞(sikounomai)
スポンサーサイト

-    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by M.O
そういう悲しい出来事があったんですね。
私も去年 道端で拾ったクサ亀 1年飼って今年の8月散歩させているうちに見失ってしまいました。ほんの数分目を離した隙に
どこかへ 暫く探しましたがとうとう発見できず残念な結果に。 
2014.09.30 Tue 09:48 URL [ Edit ]
Posted by 園主
M,O様
いつもコメントをありがとうございます。

「母チビ」の思い出は特別なものでした。
猫に対する認識を変えてしまったのも「母チビ」の存在でした。
その事によって、自分の知らない事の多さにも気付かされました。
91歳になる義母が、「人間死ぬまでわからないよ」と言いますが
この年になって、まだいろんな経験をしています。
M,Oさんの、命あるものを大切に思う心がすばらしいと思います。
2014.09.30 Tue 11:43 URL [ Edit ]
こんにちは Posted by みかん
以前にどこかで買われていた猫かもしれませんね
生まれつきのノラは 人には懐かないと思います
園主さんに出会えたのが 一番の幸せで
子供たちを 大事に育ててくれると安堵して
旅立ったことでしょう
辛い思い出は 消えることはないですが
目の前の幸せをたくさん 増やしてくださいね^^
2014.09.30 Tue 15:22 URL [ Edit ]
Posted by 園主
みかんさん
母チビはとにかく体が小さくて、栄養失調のように
毛がバサバサでした。
生後2~3カ月の子供達より少し大きいくらいで、
栄養状態の良い子供達は1,5倍はあると思います。
どの子も性格がよくてとてもかわいいです。
2階の窓から生まれた空き家が見えるので、時々子供達と
ぼんやり見ています。
いつも優しい言葉をありがとうございます。
2014.09.30 Tue 18:25 URL [ Edit ]
Posted by まりんママ
母チビさん手術に耐えられなかったんですね。
でも子供たちには、安心して暮らせるお家をのこして
きっとお空の上で子供たちのことを今でも見守っているでしょう。

猫さんって人の表情をよく見ますよね。
この人ならきっと大丈夫・・・園主さん信頼されたんですね。

子供たちが元気で幸せに暮らしていることが
何よりの供養ですね。

2014.09.30 Tue 19:39 URL [ Edit ]
Posted by 園主
まりんママ様

「母チビ」は小さかったので、体力が弱く麻酔が
効き過ぎたみたいです。
子供たち全員が「母チビ」の分身だと思い、里子を
考えたことは有りませんでした。
まりんママさんがおっしゃるように、子供達といると
いつも「母チビ」が見ているような気がします。
とてもいい出会いだったと思っています。

いつも思いやりの心をありがとうございます。
2014.09.30 Tue 21:22 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/235-63b62304

Top↑