盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2014.07.02 Wed
猫のお話
人間社会は複雑で、とにかく疲れてしまいます。
心の内と外では全く違っていたりして、身近な者でさえ思わぬ事態に巻き込まれます。

母親チビと花子さんの子供達を保護して1年と9ヵ月が経ちました。
子供達も2歳になり、ますます甘え方が上手になったようです。
と言うより、信頼関係がより深くなったように感じています。

疲れて落ち込んで眠れそうもなかったので、2階へ行き寝転んだ時の事です。
何を感じたのか、リリちゃんがそばに来てしつこく声をかけるので、他の兄弟達も近寄って来て私の周りにゴロンと横になりました。
私も安心したのか、知らないうちにそのまま眠り込んでしまい、2時間程経って目を覚ますとリリちゃんはお腹の上に、ペペちゃんは右腕の中に、チビとミミちゃんは私の足の間に気持ち良さそうに寝ているのです。
いつもは、私が眠るとみんな離れてしまうのですが、6月で寒くもないのに、兄弟全員で私を守ってくれているかのような心地よさを感じ、その後、自分の部屋で眠りました。
人間と違って、心に裏表のない正直者の猫たちには、人間に見えないものを感じ取る能力があるように思えてなりません。
殆どの人間は目に見えるものしか信じようとしないので、言葉や見せかけで欺こうとする者が後を絶たないのではないでしょうか。

以前、母チビが休まずに食事をして、慌てて帰った後はいつも雨が降ってきました。
人間にはそんな能力は持ち合わせていません。
おかしな話ですが、先日ペペちゃんがそばに寝転んでいた時、小窓の外で野鳥の雄叫びのような鳴き声が響いたのに振り向き、とっさに同じ回数、鳥の鳴き声を真似たのです。
全く知らなかった猫の一面に、不思議さを感じました。
生前、母チビも花子さんも餌を与えるために子供達を呼ぶ時のなき声は全く同じでした。
また、1階の子供たちが外猫だった頃、花子さんの命令は絶対でした。
一番驚いたのは、私の作業場で生まれたばかりのチロ君が一人取り残され、鳴き声が少し聞こえたので探し始めたら、決して声を出さないのです。
生まれたばかりで目も開いていない赤ん坊の時から、そんな本能を持っているのには驚きました。

猫たちに接していると、とても純粋な心の持ち主だという事がすぐにわかると思います。
その純粋さに癒され、そして弱者を理解する事によって痛みを知る事もできるはずです。
猫と生活を共にして教わることの多さに気付かされています。


ペペちゃんIMG_5245
ペペちゃん

ミミちゃんIMG_5248
ミミちゃん

リリちゃんIMG_5238
リリちゃん

チビ君IMG_5246
チビ君のお得意ポーズ

チビ君IMG_5258
チビ君

リリちゃんとぺぺちゃんとチビ君IMG_5252
リリちゃんとぺぺちゃんとチビ君のおくつろぎ



おまけの写真

なお姫IMG_3235
なお姫(naohime)

小町娘IMG_3195
小町娘(komatimusume)
スポンサーサイト

-    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
こんにちは Posted by みかん
植物にしても 愛猫たちにしても
とっても正直に 手をかけた分 気持ちを返してくれます
人は そういう訳にはいきませんね
言葉で 表現しにくい感情が 落ち着きをなくしてしまいます
今日 待望の雨です、昼から 降ると言うので
大急ぎで 畑に自転車で行ってきました
わんこを 前かごに入れて^^
なるようにしかならないから 川の流れに 身を任せるかのように
静かに 生きます、そのうち 海に流れ着きますから☆
2014.07.03 Thu 14:20 URL [ Edit ]
Posted by 園主
みかんさん
こちらでは今日初めてのどしゃ降りとなり、ひどくはなかったのですが
前の道路が一時的に冠水しました。
今は雨も止み、梅雨らしい曇り空と時折小雨が降り続いています。

身内で苦しむ時は人には話しづらく、抱え込むストレスで体調を壊します。
私の場合、長女、三女夫婦の応援に救われ、猫たちに癒されてます。
何となくですが、みかんさんも大変みたいですね。
でも、みかんさんのような方は、きっと良い方向に救われていくと思います。
良い事が起きるために辛い事が起こるのだそうですから。
これからも無理をしないように頑張って下さい。
いつもコメントをありがとうございます。
2014.07.03 Thu 17:00 URL [ Edit ]
Posted by まりんママ
西日本は大荒れのお天気とか・・・
そちらは大丈夫でしょうか?
こちらもつい先ほどから雨が降り出しました。

猫さんも同じ兄弟親子であっても
みなそれぞれの個性があるでしょうね。

我が家の猫たちは出身も、年齢も別々で
そういえば毛色もみな違います。

我が家は猫だけでなく犬もいますが
この子たちもそれぞれ事情を抱えて
我が家にやってきた子たちです。

猫っていうのは人間に近いような
とても複雑な感情を持っているそうです。

私はいつも猫に話を聞いてもらっていますが
きっと何でもわかっているのでしょうね。
2014.07.03 Thu 17:57 URL [ Edit ]
Posted by 園主
まりんママ様
こちらでは昼前までまとまった雨が降り、前の道路が
一時的に冠水しました。
有明海の満ち潮と雨が重なったからだと思いますが、
二十数年ぶりの冠水でした。

うちでは1階の3兄弟は模様がすべて違いますが、
2階の4兄弟はリリちゃん以外は皆同じです。
それでも性格はずいぶん違いますね。
猫の感情が複雑で人間に近いと言うのは何となく解ります。
ただ人間みたいに変な計算をしなくて真っ直ぐですよね。

まりんママさんもですか。私もよく話を聞いてもらいます。
真剣な目で黙って聞いてくれるので、その気になってしまうんですよ。
でもうちの猫たちは余り苦労をしてないので理解できないでしょうね?

梅雨時は体調を崩す人が多いと聞きますが、お体大切にお過ごし下さい。
いつもコメントをありがとうございます。
2014.07.03 Thu 22:04 URL [ Edit ]
Posted by 園長
園主さんのおうちの前の道路が冠水したんですか。
かなりの雨だったのでしょうね、
お家とサツキに被害がないといいのですが。。

動物たちは言葉を使わない分
本質を見抜いていますね。
縄張りのために戦うことはあっても
人間のように傲慢や強欲の持ち合わせは
ないように感じられます。
大好きだよって言うと まっすぐに
大好きだよって感情が返ってきて嬉しくなります。
悲しんでいるときには だまって寄り添っていてくれて
本当に動物たちは愛情深いですよね!

動物は賢き兄弟、植物は優しき姉妹っていう言葉が
とても好きです(*^。^*)

2014.07.04 Fri 19:56 URL [ Edit ]
Posted by 園主
園長さん
ご心配おかけしました。
お陰様で家やさつきに被害が出る程の事ではありませんでした。

私は自分なりに猫たちの優しさは理解していたつもりですが、
園長さん達と知り合った事で、より深く知ることができました。
私も子供達を抱っこするときは、思わず「大好きだよ!」と
つぶやいてしまいます。
長女は年に1回、3週間程度帰って来るだけなのに、私以外の誰にも
抱っこされないミケ子をいつも抱っこしてるんです。
三女にしても、いきなり部屋に入って来ても誰も逃げません。
猫たちは本当に人をよく見てますよ。

私も田舎育ちですけど、ご主人はレベルが違いますね。
恐れ入りました。こらからは先生と呼ばせてください。

いつも優しいコメントをありがとうございます。
2014.07.04 Fri 20:32 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/223-3f5f6a2c

Top↑