盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2008.02.28 Thu
園主の独り言【魅せ方】
皐月盆栽の飾りには以前から興味があり、30年近く前の皐月の月刊誌で、片山先生が監修された、簡単な飾り方の説明が載っていたので、それを参考にさせていただいていました。

片山先生の景道がいつごろ発表されたのかは存じませんが、多分それ以前の記事だと思います。
そこには絵を添えて、皐月盆栽樹形の基本となる勝手流れについて説明されており、主飾りの流れを受け止めるの置き方についても簡単に書かれていました。

当時はまだ飾りにおける決まり事など知る由もなく、全くの手探り状態だったので、22年前から秋季皐月展を始めているのですが、今でも大変重宝しています。

皐月の花季展においては、花自体が季節を表していて、花を見ていただくことが主体だと考えていますので、飾り方には余り神経を使わず、花の咲き具合に多くの気を使っています。
皐月の花ほど派手な花木が、自然の山野に自生しているはずもなく、飾りを重視するのはかえって不自然で無理があろうかと思うからです。

しかし秋季展では、初回から毎年行っている11月23日前後の気候にだんだんと紅葉しなくなり、皐月自体で季節感を出すのは不可能になってきています。
これも地球温暖化の影響だと思われますが、季節を表す為に山野草を多く添えに使います。

また、花が咲いていない皐月を見ていただくためには、当然盆栽としての優れた樹形が必要となります。
盆栽としての資質が松柏類に劣っているとは思われたくない事もあって、皐月愛好家の皆さんは向上心を持ち、秋季展に向けて日々努力されているのだと思います。

主飾りとなる皐月盆栽を生かすためには、席飾りが重要になってきます。
しかしそれには、出品者の意識の高さが必要で、強く求め過ぎると、せっかくの趣味の楽しさを奪いかねません。
私自身、お客さま方に指導する立場にありながら、まだまだ未熟なので、秋季展を開催しながら、ともに勉強しなければならないと思っています。

今から15年ほど前になるかと思いますが、「そんなに飾りに興味があるなら」と、栃木のK氏が「景道片山流教本・全三巻」と言う三冊の本を譲って下さいました。

昭和61年に発行された、片山一雨氏の解説による、四季の飾りの写真集で
1・盆栽編、2・水石編、3・山野草編
に分けられた非常に格式高い教本です。
飾られている盆栽、花台、添え、掛け軸、更には、それらをあしらった飾り付けや床の間に至るまですべてが、私にとっては、まるで雲の上同然の世界でしかありません。
それでも、せめて感覚のかけらだけでも吸収出来たらと、今でも愛読しています。



盆栽について考えれば、その奥深さは限りがありません。
そんな中で皐月盆栽は、一年間つきっきりで手入れしてきたことへのお礼とも言える、安らぎと喜びを、限りなく美しい花によって与えてくれます。
皐月盆栽に限っては、深く考え過ぎる必要はないのかも?と、ふと思ってしまいます。

スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用
-    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/21-5b6a6a5b

Top↑