盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2014.02.23 Sun
ワンポイントアドバイス(春に向けてのお手入れ)
冬の寒さもピークを過ぎたのではないでしょうか?
そろそろさつきの根が活動し始める頃だと思います。

4月の中旬頃になると、早咲きの品種はポツポツと咲き始めます。
それまでにやっておかなければならない作業を、一つずつこなしておきましょう。
消毒と共に、ナメクジの駆除も花を腐らせないためにとても大切な作業です。
花が咲いたら、何と言っても殺菌剤の散布が重要です。
花を腐らせないできれいに咲かせるためには、咲いている時でも殺菌剤の散布は欠かせません。
特に雨が降る前か後には、殺菌剤を散布します。
雨の日にはナメクジが這った花にシミが入るので、定期的に誘殺剤を棚の上にまきます。
ナメクジは鉢の下に隠れていて、夜や雨の日に這い上がり花を腐らせますので、散水の後、雨の降らない夕方に鉢の上ではなく、鉢を載せている棚の上に置きます。


さつきの魅力は何と言っても美しい花です。
部屋中に花を咲かせてお客様を招けば、まるで桃源郷を連想されるのではないでしょうか。
さつきを管理している者の苦労?は、並大抵ではありませんが、見に来られたお客様が余りの美しさにため息をついて、満足気な表情を浮かべられた時、報われるでしょう。
人を喜ばせることはなかなか容易ではありませんが、趣味として楽しんでいる結果が周りの人々を喜ばせる事になるのですからさつきは素晴らしい趣味だと思います。




翠香025_2
↑翆香(SUIKA)

紫苑031_2
↑紫苑(SHIEN)

織姫017_2
↑織姫(ORIHIME)

大寿021_2
↑大寿(DAIJU)

桃香022
↑桃香(MOMOKA)

白琳015_2
↑白琳(HAKURIN)

翠扇037_2
↑翆扇(SUISEN)
スポンサーサイト

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用
ワンポイントアドバイス    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
こんにちは Posted by みかん
もうすぐ 温かい春がやってくると うかれておりますが
花を観させてもらう方は 気楽ですが
咲かせる方は 苦労がないかと あるんですね、
雨の時期になれば あのいやなのが 徘徊します><。
駆除も 大変なのね
2014.02.24 Mon 10:32 URL [ Edit ]
Posted by 園主
みかん様

寒いのは苦手ですが、仕事がら自由がきくのは休眠期の冬だけなんです。
我が家の紅梅もようやく開き始めましたが、みかんさんのブログを見て
いると、自然の植物は春を感じているのですね。
今回はにゃんこ達の近況を入れなかったけど、みんなとても元気にしてます。
ちょこちゃんもうにたんも元気そうですね。

本当にいつもありがとうございます。ブログ楽しみに見させてもらってます。
2014.02.24 Mon 17:49 URL [ Edit ]
長野皐月園様 Posted by 吳銑澤
長野皐月園様

これまでよくいらっしゃいましたか
天気がすごく暖かくなった感じです

いつも熱心にしたようです。お申し越しのとおりサツキ花がこんなにピウォジと、これまでの苦痛はしばらく忘れようになるでしょう。
真心がいっぱい詰まった花とみられ、植木鉢に植えられて満開のサツキを見たらもう花シーズンがやってきたようです。
その中でも、まだ幼い木だが<織姬>の花色が強烈に見えます。
真っ白に咲いた<白琳>も欲しい品種です。

韓国では、遠い距離にいる何箇所か盆栽園を訪ねてみなければ、こんなに素敵に咲いたサツキ花を見物しきれません。
私は日曜日に植え替えをしてみると、まだ20個程度の植木鉢が残っていますね。

そして、盆栽の席飾りについてに関する内容もよく読みました、理解をするには、長い時間が必要そうです。。
サツキ病虫害防除法も重要なようです、ありがとうございます。

いつも、健康をお願いします。

吳銑澤より
2014.02.25 Tue 17:33 URL [ Edit ]
Posted by ぴゆう
なるほど、ナメクジの対策はそうするのですか。
ちなみに薬の名前は何というのですか?
是非、試したいです。
ナメクジにはホトホト嫌になっているのです。
お願いします。

おお〜〜
艶やかなこと。
手が掛かる子ほど可愛いと
園主さんが言いそうな
華やかなさつき達ですね。
白琳がカッコイイ~~~
苔の緑がもうフワフワして最高の組み合わせ
物凄くお高そうです・・・・
それにしてもここまで花を咲かせる
流石、プロの技です。
2014.02.25 Tue 18:13 URL [ Edit ]
Posted by 園主
吳銑澤様

頑張っていますね。
さつきに限らず、鉢物は植え替えが一番大切だと思います。
勢いがあれば、形はどうにか作れるものです。
「織姫」は確かにきれいですよね。でも割と少ない品種だと聞いています。
「白琳」も発表された時はもの凄い人気を誇りました。「織姫」と違って盆栽向きの品種で今では相当太いものがあるようです。

外国でのさつきの趣味はいろんな面で難しい所もあるかと思いますが、それゆえに熱心な方が多いように感じています。
私もできるだけ疑問にお答えできるようにならなければ、と考えています。
もうすぐ花が咲き始めて、今までの努力が報われる時が来ますね。
お互いに気を抜かないように、頑張りながら楽しみましょう。応援しています。
いつもありがとうございます。お体を大切に。

                 長野皐月園
2014.02.25 Tue 22:17 URL [ Edit ]
Posted by 園主
ぴゆう様

今回の写真のさつきはすべてお客様の作品で、皆さん素人の方です。
苔は美しいのを他からとって来て、それらしく張ったものです。
3年前の展示会の時に撮った写真で、久しぶりに載せてみました。
三十数年続いた愛好会も今は消滅して、一部の会員さんたちが残られ
後の方達はにゃんこ達と入れ替わったような、不思議?な話ですよ。

ナメクジの話ですが、ナメクジ誘殺剤と言って小さなペレット状の薬品です。
種類は沢山ありますが、大塚化学の「ナメキット」や「ナメキール」、
「ナメトリン」等を私は使っています。
ナメクジが臭いに誘われ、なめてしびれて動けなくなるんだそうです。
毒ではないので、動物たちに害はないそうです。
ビールの残りを浅い容器に入れて置いておくと、ナメクジが大量に入ってくるとも聞いています。いずれも雨の降らない夕方に置いておきます。
雨にぬれると効果が薄くなり、無駄になってしまうそうです。
ホームセンターにも売っているので、一度試してみて下さい。
また猫神様のお話がしたいですね。
ぴゆうさんはコメント自体が芸術的ですね。いつもありがとうございます。
2014.02.25 Tue 22:31 URL [ Edit ]
長野皐月園様 Posted by 吳銑澤
私が住んでいるここには春を催促する雨が降っています。

長野皐月園樣の心のこもった激励と返事に感謝をします。
本当にありがとうございます。

吳銑澤より
2014.02.26 Wed 17:16 URL [ Edit ]
Posted by 園主
吳銑澤 様

私の住んでいる所も、昨日までの晴天が嘘のように、朝から雨が降っています。
おっしゃるように春を呼んでいるのでしょうね。

いつもご丁寧な御返事をありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

                長野皐月園
2014.02.26 Wed 19:00 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/201-e6a98f1d

Top↑