盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2014.01.26 Sun
【番外編No.3】白猫「シロ」の話
2月の中旬になると九州ではさつきの根が動き始めます。
新芽が出始めるのはもっと後からですが、3月に入る前後にホコリダニを予防する殺ダニ剤の散布を忘れないように実行することが大切だと思います。
私は年が明けて、最初の消毒に殺ダニ剤を散布しています。
そうすると虫の発生も遅くなるようです。

祝星022
↑祝星(IWAIBOSHI)

はなびん031_2
↑はなびん(HANABIN)

小町娘011
↑小町娘(KOMACHI-MUSUME)

紫扇025
↑紫扇(SHISEN)

紫苑042
↑紫苑(SHIEN)

立山の舞040_2
↑立山の舞(TATEYAMA-NO-MAI)

紫光の舞024_2
↑紫光の舞(SHIKOU-NO-MAI)



ここから番外編です。
(皐月ファンの皆様すみません。)


一昨年2匹の母親猫と知り合ってから、猫に対する認識だけでなく人生観まで変わってしまったような気がします。
急に始まった猫達による不思議な出来事はどれも余りにも衝撃的で、その時々の状況が頭に焼き付いて離れません。

初めての出会いは、まだ生まれたばかりでイモ虫のようなシロを作業場で見つけた事でしたが、その後母猫たちの死を乗り越え、1年半が過ぎました。
一度「奇跡の猫」でお話したご老人が、当時はまだ外猫状態だったシロを見そめて里子に出す話がでたのですが、その日の夕方、ご老人から高齢を理由にお断りの電話があり、結果的にシロは命拾いをしたのでした。

昨年の11月、そのシロが壁の方を向いたまま座って動かなくなり、何も食べずトイレにもいかなくなって急に元気がなくなったのですが、その日は病院が休みだったので次の日の朝、慌てて病院へ連れて行きました。
検査を受けた結果、「体温が普通より一度低く、動悸が激しいので心臓が悪いのかも知れない。もしそうであれば発作が出てから24時間位しかもたないので覚悟しておいた方が良いでしょう」と言われ、そのまま連れて帰りました。
とんでもなく甘えん坊で寂しがり屋のシロが、こんなに早く逝ってしまうのか、と思うと悲しくて可哀そうで、シロを抱いて頬ずりしたまま我慢できずに涙が止まりません。

すると急にシロが動き始めたので床におろすと、自分で毛布の所まで歩いて行き、明らかに活気が出てきているのを感じたのです。
それから少しずつ食事をするようになり水も飲み回復し始め、元気になったのでした。


でもその事がトラウマになって、シロが壁の方を向いて座っていると怖くなります。
シロは生まれた時ほとんど純白でしたが、少しずつ茶色が増えてきて娘からよく笑われます。
私達も名前を呼ぶのに抵抗が出て来たので最近は「チロ」と呼んでごまかしています。

今でも近所でノラ猫をよく見かけるのですが、すべてのノラ猫たちに少しでも幸せになってもらいたいですね。

IMG_3953.jpg
↑シロ(チロ?)

IMG_3949.jpg
↑キータン

IMG_3951.jpg
↑ミケ

IMG_3955.jpg
↑キータン(左)とテンちゃん(右:避妊手術後)
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット
番外編    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
長野皐月園様 Posted by 吳銑澤
長野皐月園様

ご無沙汰しております

シロの家族のストーリーを読んで深い感銘を受けたが、全部元気な姿ですね。シロが子育てをたくさんしに生じたし、頭を横に傾けている姿が可愛いです。

春ごとに見るさつき花だが、地道に爽やかな花の写真を掲示していただいていいです。また別の消息も一緒に掲示することを見れば長野皐月園は一年中休まないようです。

ここに掲示された紫扇の特異な花柄とコッセクを見て、昨年に輸入商に注文要請してハンボン(幹回,約12Cm)を購入して植えたが、新芽も出ず、まだ木の状態がジョッチモッハプニダ。寒さもたくさん乗ったようです。

長野皐月園で開発したなお姫を見ると、特色はまだ分からないが、色対比は綺麗なようです。輸入商に注文お願いして購入して育ててみたいですね。

今回の文章も楽しく読んで、感想しました。他の方たちもそうだろうと思います。

質問することがたくさんあるですが,片手間にお伺いします。

楽しい日になりますようにところとして、またお伺い致します。

吳銑澤より
2014.01.27 Mon 13:54 URL [ Edit ]
Posted by 園主
吳銑澤様

いつもコメントをありがとうございます。
現在、猫たちは皆元気にしています。シロもその後はとても元気になって、それまで以上に甘えるようになりました。
花の時期になると、さつきの事で忙しくて猫の話題も少なくなると思います。

「紫扇」は個性的な花色で、とても美しい大輪の花なので、私も好きな品種です。
冬には葉が少しヨレるので、寒さには少し弱いのかも知れませんね?
幹回り12Cm と言えば、「紫扇」の中では太い方だと思います。
他に「千裕」と言う品種も、花は小ぶりになりますが、素晴らしい花だと思います。

早咲きの品種は4月の下旬から咲き始めますので、その前までにやっておかなければならない作業が多くて、お互いに忙しくなりますね。

毎日寒い日が続いていますが、風邪をひかないように、お気をつけ下さい。
何かございましたら、いつでもメールを下さい。お待ちしています。
           
 長野皐月園
2014.01.27 Mon 23:17 URL [ Edit ]
長野皐月園様 Posted by 吳銑澤
長野皐月園様

そこはまださむいですか。

私が住んでいるここ昼間は暖かいです。
質問があります

6年前に若木翠峰を購入して飼っています。
初年度にはよく適応して新芽もよく出てボリュームがあり、明日香よりも花も大きく、花色や花柄も満足に咲いてますが、
今は木の勢力がたくさん落ちて都合がありません。
毎年花後に剪定をすると、枝が乾いてしまって、新芽もよく出ません。

その原因がわからないんです。木の特性がそのようですか?
ある時期に剪定をすれば、枝がやせてないようになるでしょうか。
困難に何つぼみついていますが、今摘蕾をしてもいいですか。
鹿沼土に植えられた木の根は普通だと思われます。

忙しい中、よく見てくれたらありがたいです。

そして、私が書いた単語が正しく書かれたのかよくわかりませんが。足りないですが、常に寛大に理解をお願いします。

吳銑澤より
2014.01.29 Wed 08:15 URL [ Edit ]
Posted by 園主
吳銑澤様

こちらも日中は温かいです。
新花の「翆峰」を6年前に購入されていたのは凄いですね。
「翆峰」はとても強い品種だと思いますが、弱ったのは花後の剪定が原因だと思います。
花後は伸びすぎた枝や、混みすぎた小枝を最小限に抜く程度にして、本格的な剪定や芽抜きは秋(9月)以降に行っています。植え替えも花後はしていません。
花が終わったら、さつきがとても疲れているので、夏の厳しい暑さを耐え抜くためには、強い剪定や芽摘みなどをして弱らせない方が良いと思います。
その結果、勢いが出て伸びすぎたり、茂りすぎた枝は、9月の中旬以降から剪定し始め、さらに、その後に出てきた芽は、古葉が落ちている冬の間に抜いて、花に備えて最終的な仕上げをします。この時の芽抜きが摘蕾にもなるので、とても有効だと思います。

花後は樹勢の回復が一番大切と考え、活力剤は良いと思いますが、肥料は与えていません。
肥料は秋(9月~11月)に1~2回と、春の3月から開花前まで2~3回与えています。
また、樹勢が弱っているさつきにも、肥料は与えないようにします。
鉢の土が乾きにくくなった時は、弱っている印だと思います。
弱っている時は剪定もしない方が安全です。

摘蕾の時期は今でも良いと思います。
私はさつきが水を吸い始めて、切り口から水が出始める前まで、剪定と植え替えを沢山やっておきます。切り口に癒合剤を塗っておくことも大切です。

まだ難しい事が沢山出てくると思いますが、ご遠慮なく質問されて、参考にして下さい。
いつでもお待ちしています。  お元気で。

                 長野皐月園
2014.01.29 Wed 10:24 URL [ Edit ]
Posted by ぴゆう
またまた良い話を読ませて頂きました。
ニャンコと関われば関わるほど
思い出が出来てくる。
また、夫々に個性があって楽しいよね。
シロちゃんがチロちゃんになったのも
かわいい〜〜
(;_;)ウルウル来ましたよ。

祝星、
初めて見ました。
色変わりが美しいです。

いつも訪問をありがとうございます。
もし、良かったらコメントを下さいませ。
感想が知りたいです。
へへ
2014.01.29 Wed 15:05 URL [ Edit ]
こんばんは Posted by みかん
コメント ありがとうございました、他の方と勘違いして
返信してしまいました <(_)>

たくさんの種類のさつき きれいです♪
いつみても 花は飽きが来ないし 猫の話は
身につまされます、縁があって 家族になって
たくさんの安らぎをもらい 猫たちには感謝です
少しでも 長生きしてほしいですね
チロちゃん 変わったポーズ 
にゃんか へんだなって 言ってるよう^^
2014.01.29 Wed 19:50 URL [ Edit ]
Posted by 園主
ぴゆう様

いつもありがとうございます。
本当に我が家のにゃんこ達には癒されてます。
もう、何でもいいから、どの子も元気で長生きして欲しいと願うだけです。

参考までに、ぴゆうさんへのコメントを覗かせてもらいましたが、皆さん、まるで登場人物?にも引けを取らないような個性的で楽しいコメントばかりで、「わたくしごときのド素人が…」と思ってしまいました。
でも挿絵の中で、後ろの床の間にさりげなく飾ってある盆栽は、幹や枝の動きが文人らしく、幹肌などにも古さを感じさせる、とても趣のある姿だと思います。

さつき盆栽は手がかかり過ぎておすすめできませんが、花は確かに美しいと思います。
これからも沢山の花の写真と、時々猫たちの話を書かせてもらいます。
勇気を出してコメントもしたいと思っています。
クルミのその後と個性的で美しい挿絵を楽しみにしています。
これからもよろしくお願いします。
              園主
2014.01.29 Wed 22:38 URL [ Edit ]
Posted by 園主
みかん様

ご丁寧にありがとうございます。
いつもブログを覗かせてもらっていますが、他の方のブログにコメントしたのは、初めての事でした。
実は私の実家は、母の火の不始末で全焼し、延焼はしなかったものの御近所の方達にご迷惑をおかけしたので、その後は子供達と毎年お墓参りにだけ行っています。

ちょこちゃんの具合はいかがでしょうか?私のお腹にも石があるそうで、20年余り、時々痛くなることがあります。
犬や猫が具合悪そうなときは、じっと黙って我慢しているので、それを見ている方がつらくなりますよね。とにかく本当に元気でうんと長生きして欲しいですね。

これからも時々コメントさせてもらいます。ありがとうございました。

                       園主
2014.01.29 Wed 23:15 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/198-b9bd98a0

Top↑