盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2014.01.14 Tue
園主の独り言【大昔を振り返って】
栃木に仕入れに行か(け)なくなって随分と経ちますが、初めて行った時から30年近く欠かさず年に数回通ったものです。

栃木は私にとって聖域であるため、他人(同業者等)を同行するのには抵抗があり、実の兄と数回トラックで行き、無理な時は一人で往復したこともあります。
慣れた人にとっては何ともない事かも知れませんが、私のような旅慣れない者にとってはかなりの苦痛で、栃木に着いてからも夜眠れなくてつらい思いをした事が度々でした。
途中から飛行機で行くようになり、栃木の業者の方の協力で軽トラックをお借りして1ヵ所にさつきを集め、あとから大型トラックで鹿沼土と共に運んでもらうようになり、荷が着いてからはお客様が数人で降ろすのを手伝って下さいました。

私が行き始めた頃の鹿沼市は、地元の大牟田市も小さな町だと思っていたのですがそれよりずっと田舎で、当時は自動販売機を探すのにさえ苦労するほどでした。
飛行機で行くようになって、春休みを利用してまだ小学生だった次女を連れて行ったのですが、それほどの田舎とは思っていなかったらしく…
夜、妻に電話をさせようと道路沿いの公衆電話ボックスへ行き、話し始めたら余りの寂しさに耐えきれずに泣き出してしまい、誘拐犯と間違えられるのではないか?と慌てたことがあります。

栃木に着いたら車で走りっぱなしになり、行く先々で商品を捜し、欲しいものを探し当てたところで値段の交渉になるので、滞在中気を抜くことは有りませんでした。
今考えればよくあんな状態でやって来たなと思うのですが、当時は3人の子供を育てるのに必死で、とにかく走り続けていたように思います。
でもそんな苦労?のかいあって、今でも電話で情報を知ることができる仲間がいます。
この業界では栃木が中心となっているので、栃木でのさつきの動きが参考となります。
今ではさつき屋さんもほとんどが世代交代して大きく様変わりしていることでしょう。

さつきを取り扱うようになってから、バブルの時代が始まったのですが、まっただ中を何となくよくわからないまま通っていると、知らない間に泡ははじけていたそうです。
その時私が置かれていた状態を例えるなら、抱えきれないほどの荷物を持って、よじ登っていた踏み台がいつの間にか消えてしまったという感じでした。
守りに入る歳だったらもっと違っていたのでしょうが、まだ若くてこれから築いていかなければならないような年齢だったので突っ走っていたのです。
私にとってそのことが良かったのか?悪かったのかは何とも言えませんが、それでも今こうして平和に暮らしていける事を感謝するべきなのかも知れません。




翠宝010
↑翆宝(SUIHOU)

高砂023
↑高砂(TAKASAGO)

彩014
↑彩(IRODORI)

新生008
↑新生(SHINSEI)

日本の光007
↑日本の光(YAMATO-NO-HIKARI)

翆蓮002
↑翆蓮(SUIREN)

白恵比須010
↑白恵比須(SHIROEBISU)

早耶香004
↑早耶香(SAYAKA)
スポンサーサイト

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用
園主の独り言    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
こんばんは Posted by
長野様

長野さんのさつきに関する昔話は、実にいつも興味深いです。
鹿沼市は、行ったことがありませんが、私が住む高松よりも田舎なのかもしれませんね。
昭和45年頃(?)、私は大阪に住んでいたのですが、あの頃さつきは大変なブームだったように記憶しています。
園芸店やスーパーの園芸売り場にもさつきがならび、万博公園、大阪城植木市、主要百貨店にもさつきの展示販売がされていました。2年生位の苗木を買っても結構高価で、それがピートモスに植えられていて、さつきの育て方や、土について無知な私はそのまま鹿沼土に植えて、さっそく枯らしてしまいました。

いまでもたいした管理はできてはいませんが・・・。
今年も春の芽吹きを楽しみに、一年一年改善しながらこの趣味を
楽しんでいきます。

1月に入り、寒さも厳しくなってきました。お体お気をつけください。またメールします。

朝田 浩
2014.01.17 Fri 20:33 URL [ Edit ]
朝田様 Posted by 園主
朝田様

寒くなりましたがお元気なご様子で安心しました。
こちらは毎朝、車のフロントガラスが凍って、会社勤めの妻は大変そうです。

さつき愛好家の古い方達がその頃から始めていらっしゃるみたいですね。
私も大体その頃からさつきを取り扱い始めました。
当時、新潟産の多くがピートモスをかんでいて、同じような話をよく聞きました。
新潟は寒いので、ピートモスを使って早く太らせていたと聞いたことがあります。

私も今年は時間があったので、今まで以上に手を入れています。
でも数が多いので全体からすればほんの一部にすぎませんが。

年が明けたので花の時期は近いと思います。
あまり頑張り過ぎないようにボチボチとやって下さい。

またのメールを楽しみにお待ちしています。
いつもありがとうございます。

              長野皐月園

2014.01.17 Fri 22:19 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/196-875d61f0

Top↑