盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2008.02.22 Fri
園主の独り言【影響を受けた人物 その2】
栃木では、K氏のほかにも多くの個性ある方たちと知り合う事ができました。


私が長年にわたって、毎年欠かさず栃木へ仕入れに行けたのも、小林さんをはじめ、たくさんの方たちの助けがあってのことだと、今でも感謝しています。

栃木では地方でと違って、沢山のお客様が皐月を買うことが目的で、お店に集まって来ます。
しかし、その中で生き抜いていくためには、熾烈な争いを潜り抜けなければならない筈で、羨ましくもあれば、恐ろしくもある環境だと思います。

そのような方達だからこそ、皐月に関しては高い知識を持ちながらも、それぞれに個性的な品ぞろえで勝負されています。

その中でも、K氏の紹介で知り合った、KS氏のさつき作りの鋭さには驚きました。

恐らく、K氏の影響が強かったのであろうと思いますが・・・
栃木の厳しい冬の寒さの中で生き抜いている、自然の木々の姿が、妥協を許さず年月をかけ見事なまでに、皐月作りに生かされているのです。

売るための、人に媚びるような所が見られず、究極の自然風皐月盆栽作りの凄さというものを感じさせられました。
見ただけで自然に生息している姿を容易に想像させ、これこそが、まさに床飾りのための皐月盆栽なのだと感動しました。

お二人に共通するであろう作風で、自然の野山に生息している木が、長い年月厳しい環境の中、風雪に耐え忍びながら、太陽の光を追い求めている幹そのもの動き。。。
それに伴う枝先の流れ等、自然を表現した厳しい作りは、皐月の世界では他に例を見ないものだと思います。
皐月盆栽における、途中双幹という表現も、K氏に初めて教わりました。

今では当然のように、お二人はそれぞれに、飾りのための展示会を主宰されていて、「月刊さつき研究」の誌面ではありますが、毎年拝見するのを楽しみにしています。


このような自然風の作りは、山へ行った時などに、自然の木を参考にされているのだとお聞きしています。
しかし私が住んでいる福岡の大牟田市では、厳しい自然はなく、参考になるような木も余り見当たりません。
それも感性が育ちにくいひとつの理由なのかも知れません。

それでも、それなりの違った木を作れるのがプロなのでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:和!盆栽を語ろう! - ジャンル:趣味・実用
-    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/19-394f831b

Top↑