盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2013.03.17 Sun
ワンポイントアドバイス(きれいな花を咲かせるためのお手入れ法)
今年は1回目の施肥で、なるこ有機(20kg)を3袋与えました。
鉢数が増えている事もありますが、花物の芽だし肥は樹に勢いをつける目的で少し多めに与えています。
2回目からは量を減らし、回数を多くするようにしています。
肥料は5月の初めまで与え、花後のお礼肥は樹勢の回復状態をみて、少しでも弱っている樹には与えず、若木のみで少なめに与えるようにしています。

花時で一番大切なのは殺菌剤の散布で、ほとんど雨が降るたびにかけます。
以前は花前に肥料をやると花が腐れやすくなるから、開く頃には肥料分は切っておいた方が良い等、よく聞かされていましたが、花が腐るのは花腐れ病によるもので肥料が原因とは思えません。
消毒さえ徹底していれば花腐れを見ることはほとんどありません。
逆に肥料を効かせないで良い花が咲くはずはなく、品種によっては力が足りずにきれいに開くことすらできないものもあるくらいです。

牡丹はあの大きな花を咲かせるために、株を植え込む時に根が直接触れないように有機肥料を敷いておきます。
バラや芍薬もより立派な花を咲かせるために驚くような量の施肥をされ、洋ランやシクラメン等も肥料で花が咲くような感じです。
ただ、肥料は与え方を間違うと害にもなるので、樹勢を見て一度に沢山与えるのではなく、少しずつこまめに与えるのが安全で効果的だと思います。

花が開いてからの消毒薬はフロアプル(液体)より水和剤(粉)を水に溶かして薄めた方がシミ等も入りにくいようです。
これも以前はダイセンステンレス等の液体が良いと言われ、散布したところ花びらにシミが入って悩んだことがあります。

植物は生き物なので、いつでもその時の手入れが次につながっていきます。
手を入れた分だけ、さつきは美しい花で応えてくれます。



目標は高く持って素晴らしい花を咲かせましょう!



紫光の舞022_2
↑紫光の舞(SHIKOU-NO-MAI)

織姫006_2
↑織姫(ORIHIME)

蓮月002_2
↑蓮月(RENGETSU)

幸の輝032_2
↑幸の輝(SACHI-NO-KAGAYAKI)

三姉妹003_2
↑三姉妹(SANSHIMAI)

新峰038_2
↑新峰(SHINPOU)

紫慕情066_2
↑紫慕情(MURASAKI-BOJOU)

萌華049_2
↑萌華(MOEKA)

ほたる033_2
↑ほたる(HOTARU)
スポンサーサイト

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用
ワンポイントアドバイス    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
こんばんは Posted by 朝田 浩
長野様

こちらは、新芽が出てきている木はちらほらある程度です。
九州と香川では、気候に差があるようですね。

おっしゃるように、春の芽出しのころの肥料は、かなり大切なようです。去年、3月に有機質肥料を与えたところ、きれいな濃い緑の葉が出ました。葉がよくなければ、当然、いい花も咲かないでしょうね。
肥料については、花が咲く1ヶ月前には、切った状態で・・・と
よく聞きますが、1年のサイクル(気候)を考えても、暑い夏を
迎えるまでが与えるベストな期間のようです。
このあと、花が咲くまで、少量をこまめに与えてみます。

1週間ほどしたら、殺虫、殺菌剤の散布を始めます。
いつも的確にいろいろ教えていただいて、ありがとうございます。

朝田 浩
2013.03.18 Mon 18:48 URL [ Edit ]
Posted by
朝田様

こちらは昨日早朝の強風で10鉢余りが棚から落ちてしまいました。
鉢が割れたのもあり、ちょっとした台風並みの強さでした。

天気のいい日はよく乾くので、肥料をやった後は水切れさせないように
特に注意をしています。

これからがさつきをやっている者にとっての正念場ですね。
今年の花はもちろん、来年にもつながるように頑張りましょう!

本当にいつもありがとうございます。

                 長野皐月園    
2013.03.19 Tue 08:07 URL [ Edit ]
こんにちは Posted by 朝田 浩
長野様

こちらは、桜もだいぶ咲きすすんでいます。
ダニ対策として、今年は、種類の違う薬を昨日散布
しました。有機質肥料もいい具合に効いているようです。

長野さんがおっしゃるように、春に先手を打ったダニ剤散布が
効果を発揮しているようで、今年の新芽の芽吹きはいつもの
年よりきれいなように思います。
これも、的確なアドバイスをいただけたおかげです。

きれいに新芽が出てくると、今年もっと気合をいれて
管理していこうと思えます。

少しずつですが、管理に気を配っていきます。

また、お便りさせていただきます。
2013.04.01 Mon 13:14 URL [ Edit ]
Posted by
朝田様

こちらの桜は、もうほとんど散ってしまいました。
急に草が伸び始め、草刈機に巻き込んで苦労しています。
それでも除草剤は使わないようにと思っているので、仕方ないですね。

「星の輝」と「紫扇」が一輪ずつ開こうとしていますが、今年の開花がどうなのか?は
まだわかりません。
でも蕾の膨らみ具合から見ると、少し早くなりそうな感じはします。

朝田さんはコツコツと熱心なので、きれいな花が咲くものと思います。
花が開きかかってからの殺菌剤の散布を頑張ってください。

いつも誠意のあるコメントをありがとうございます。

                     長野皐月園
2013.04.03 Wed 11:51 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/175-29363506

Top↑