盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2012.07.10 Tue
園主の独り言【さつき界の流れ】
花が終わったら殺虫、殺菌の混合液を必ず散布しておきましょう。
梅雨の間は病気が発生しやすいので、殺虫剤だけでなく殺菌剤も必要です。

「麗子」等のように、花前になって異様に下枝が茂る性質のものが有りますが、長年下枝が強すぎる状態で持ち込んでいると、天(頭)が弱ってきて、樹幹部が枯れてしまいます。
今のうちに強い下枝は追い込んで軽くして、全体的にスリムにすることで、水を樹幹部まで上げるように樹全体のバランスをとる必要があるようです。
この時に大事なのは、大切な花色を確認して印をつけておく事だと思います。





さつき界の流れがようやく変わりつつあることを実感しています。
趣味の世界だから何を好もうが自由だとは思いますが、さつきの方向性が本来のあるべき姿からかけ離れた、見栄(必要だとは思いますが)だけが強くなり、素人ではついていけない世界になっているように思えてなりませんでした。
花物は純粋にその品種を好きな人が求め、他を悪く言ったりもしません。
盆栽型の場合は、好みと言うか、素材そのものと作りの良し悪しにこだわり過ぎて、人が楽しんでいるものまで勝手に批判する人が多くて、展示会をするのにも気を遣います。

ここに来てようやく花に注目する愛好会が出現し始めたのは喜ばしい事です。
純粋に花の美しさを追求した花物盆栽は、さつきを持っていない人までも感動させ、見る人を選ばず誰もが見たくなるような魅力を秘めているのではないでしょうか。
そんな意味で至極当然の流れだと言えるでしょうが、地元九州に於いて花物盆栽愛好家はごく少数派で、まだまだ花を見ようとしないさつき愛好家が多いのは残念です。

大輪の花物(樹高1m前後)に、納得のいく花を咲かせるのはたやすい事ではありません。
それも一年間、精一杯手入れをしても年に一度の一発勝負なのです。
何かに気づいても来年にかけるしかありませんが、それも楽しみのひとつです。
さつき愛好家の何パーセントの方が、「まだまだ…」と思いながら本気になって花を咲かせているのでしょうか?
自分でも嬉しくなるような花を咲かせようではありませんか。
もっともっと花の流れが大きくなることを期待します。



美春022_2
↑美春(MIHARU)

美良野009_2
↑美良野(MIYOSHINO)

立山の舞028_2
↑立山の舞(TATEYAMA-NO-MAI)

朱鷺035_2
↑朱鷺(TOKI)

珠翠013_2
↑珠翠(SHUSUI)

三彩004_2
↑三彩(SANSAI)

大寿015_2
↑大寿(DAIJU)

新煌陽005_2
↑新煌陽(SHINKOUYOU)

松波010_2
↑松波(MATSUNAMI)

亜輝姫053_2
↑亜輝姫(AKIHIME)
スポンサーサイト

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用
園主の独り言    Comment(8)   TrackBack(1)   Top↑

Comment
おはようございます Posted by 朝田浩
長野様

今回、掲載されている「亜耀姫」の赤色は実に、深みのあるいい色ですね。
殺菌、殺虫剤の散布の大切さは、今年、菌に冒されたさつきを見て、痛切に感じています。
夏は、7日から10日おきに、薬の散布を怠らずやっていきます。

私も、日ごろから長野さんがおっしゃっているように、さつきを趣味にする若い人が増え、もっと花主体で楽しめるようになること、画一的な樹形ではなく、もう少し遊び心がある形で楽しめるようにと願っています。

「昭和の耀」についてですが、今年近くのさつき展で展示されている花を見ました。おっしゃるように花は?とわたしも思いました。
図鑑に載っている花は個人的には、とても美しく思えるのです。
この品種に限らず、写真はきれいに撮っているものがありそうで、
逆に写真はいまいちに思えても、実物はきれいな品種も多いと
あたりまえのことなのでしょうが、近頃やっと気がつきました。

今後もいろいろな品種、さつき界のトピックスなど教えてください。
乱文失礼いたしました。

暑い季節になってきました。お元気にお過ごしください。

朝田浩
2012.07.20 Fri 10:03 URL [ Edit ]
Posted by
朝田様
いつもお気にかけていただき、ありがとうございます。
私の所も連日の雨の量はかつて経験した事のないくらい激しいものでしたが、
地面が緩んで盆栽棚が2列壊れただけで、災害までには至りませんでした。
でも近くの町では堤防の決壊やその他の水害でかなりの被害が出ているそうで
災害にあわなかったのは幸運だったと思っています。

これまで自然は人類に対し、耐えきれるだけの試練しか与えてこなかったのではないか?と思えてなりません。
激しい雨や雪が続いたり、激しい日照りが続いたり、台風や地震にしても
堪え切れる限界以上の事が起こるのも不思議ではありません。
今まで生活してこられたのは、自然に生かされているからだと思っています。
何が大切なのかを本気になって見つめ直す時なのかも知れませんね。

話がさつきから大きくずれてしまい申し訳ありません。
「亜輝姫」の事、お褒めいただき有難うございます。
「栃の葉書房」さんから発行される来年(2013年)のカレンダー「最新花と盆養木」の3月、4月の頁に「亜輝姫」が大きく掲載されます。
長く続けていれば良い事もあるものだと、一人喜びを噛みしめています。

お互いにこれからもがんばって、来年はもっと良い花を咲かせて喜びましょう。
九州もそろそろ梅雨明けが近いようですが、朝田さんもお体を大切に。
いつもありがとうございます。
                       長野皐月園
2012.07.21 Sat 23:17 URL [ Edit ]
Posted by 朝田浩
長野様

こんばんは。また、思わずご返信したくなりました。
亜耀姫の件、栃の葉書房さんのカレンダーに掲載されるとのこと
よかったですね。長年苦労して皐月を育ててこられた成果だとおもいます。

災害は本当に恐ろしいですね。厳しい災害にあわれた九州のかたがたに、言葉でしかありませんが、謹んでお見舞い申し上げます。
「これまで自然は人類に対し耐え切れるだけの試練しか与えてこなかったのではないか?耐え切れる限度以上のことが起こっても不思議ではありません。」そうおっしゃる長野さんに、人間的な深みを感じ、メールだけのやりとりの世界ではありますが、大変感銘を受けました。
ありがとうございます。

朝田浩






2012.07.22 Sun 21:08 URL [ Edit ]
Posted by
朝田様
こちらこそありがとうございます。
私ごときの思いをあのように解釈して下さる朝田さんこそ素晴らしい方だと思います。

こちらも梅雨が明けたそうで、太陽に照りつけられています。
まだ1日2回の水やりをしていますが、そのうちに夕方1回の水やりに慣らしていきます。
さつきにとっても、管理する人間にとっても厳しい季節に入りましたが、体をこわさない程度に頑張って下さい。でもほどほどが難しいんですよね。

これからも宜しくお願いします。いつもありがとうございます。
                               長野皐月園
2012.07.24 Tue 21:57 URL [ Edit ]
残暑がきびしいですね Posted by 朝田浩
長野様

暑い日が続きますが、お元気にしておられるでしょうか?私は、このところトマトジュースを飲み、朝50分くらい歩くようにしています。そのせいか、わりあい
元気にすごしております。魚をもっと食べて・・・
などと、三日坊主になるくせに、思っています。

高松の夏は、あいかわらずの暑さで、今年は初めて寒冷紗を遣いました。(西日のあたる場所に)
暑いには暑いのですが、朝晩比較的涼しい日もあり
すでに平地でトンボをよくみかけます。
暑さと涼しさが混在しているようです。

南の場所は、朝晩最低2回の水と、夜21時ころに
葉水をやるように管理しています。
この南に置いているさつきが一番調子よく育っています。

さて、夏ではありますが、「大寿」「千代の光」の幹が10cmくらいの木を手に入れました。
「大寿」は2~3年生の木を2本連続して枯らしてしまい、思い切っていい木を手にし、プロがつくった木はやはりしっくりときて、うまく育てられていて、質のいい管理をせねばと思っています。

長野さん、「千尋」なのですが、私の所有している木はどうも調子が悪く、茶けている葉がああります。
多少気難しい品種なのでしょうか?
今年、花がきれいであったので残念です。
もう少し、消毒を徹底して様子をみようとはしているのですが・・・。
いっとき調子をおとしていた幹10cm弱の「早耶香」は、しっかり剪定し、いい感じの枝が出てきました。

とりとめもない便りで恐縮です。

また、メールさせていただきます。

朝田 浩

2012.08.20 Mon 07:05 URL [ Edit ]
Posted by
朝田様 
返事が遅くなって申し訳ありません。
御心配をかけてしまったようですが、元気にしています。
実は16年飼っていたM・ダックスが亡くなり、その直後に野良猫が私の作業場で
お産をしていたのです。
それがきっかけで2組(計9匹)の家族の面倒をみるはめになり、今くたくたです。

話は変わりますが、「千裕」は枝の伸びが悪く、強健種とまでは言えないようです。
樹勢がつけば枝も伸びて根のまわりも早くなり茂ってくるのですが、いじけさせるとなかなか回復しないようです。それでもあの美しい花を見てしまうと欲しくなりますよね。
「大寿」も木によって勢いが大きく違うようです。しっかりと根を張らせる事が大切のようです。

暑さで少しバテ気味になり、消毒の回数が少なくなってしまいました。
品種と置き場所によって極端に葉の色が悪いさつきがあるので、早く殺ダニ剤を散布しなければと思っています。

この季節はとても大切だとわかっているのに、さつきにとっても人にとっても厳しく、体が動かず、気ばかりあせってしまいます。
でもお互い無理はしないようにしましょう。

いつもありがとうございます。
これからはもっと早く返事を書くようにします。
お体を大切にお過ごし下さい。

                       長野皐月園
2012.09.02 Sun 12:14 URL [ Edit ]
こんにちは Posted by 朝田浩
長野様

お元気にしておられるようで、なによりです。
愛着のあるいきものが亡くなるのは、残念なことだと
思います。
お察しします。

千尋の件、やはりそうでしたか。強いとまでは言えない
のですね。
大寿の今回の木は、枯らさないようにしたいです。

幹の太い木を今回何本か手に入れ、枝つくりをしながら
楽しんでいこうとしています。

9月になり、天候が顕著に変わってきました。
昨日などは夕立があり、結構しっかり雨がふってくれたので
草木、さつきにも潤いがあったようです。

こちらも無理せずこつこつと消毒していきます。
秋の肥料もひととおりの木に与えました。

お元気にお過ごしください。

朝田浩
2012.09.04 Tue 12:41 URL [ Edit ]
Posted by
朝田様
夏の間は水やりに追われ、他には何もしなかったような気がします。
九州も朝晩は過ごしやすくなり、もう少し葉の色が良くなったら肥料を与えようと思っています。
毎年そうなのかも知れませんが、異常な暑さだったのではないでしょうか。
一つには夕立が少なかったせいでしょうが、30℃以上は当たり前の毎日でした。
殺ダニ剤は30℃以上では使用しないように書いてあったので、9月に入ってから散布していたのですが、もっと早くする必要があるのではないかと思っています。

朝田さんもさつきの可能性を多方面に楽しんでおられるようですね。
私は「文人木」にとても興味があります。
模様木の下枝を外しただけの木ではなく、味わいを感じるような文人を目指したいと思っています。

ようやく手入れができる季節になって来ました。
これからは楽しみながら頑張りましょう。
いつもありがとうございます。

                     長野皐月園 
2012.09.05 Wed 09:07 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/164-07013f0b
まとめtyaiました【園主の独り言【さつき界の流れ】】
花が終わったら殺虫、殺菌の混合液を必ず散布しておきましょう。梅雨の間は病気が発生しやすいので、殺虫剤だけでなく殺菌剤も必要です。「麗子」等のように、花前になって異様に下...
まとめwoネタ速neo 2012.07.11 Wed 15:12

Top↑