盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2012.06.26 Tue
園主の独り言【花物の魅力】
昨年に続き今年も新花登録させていただいた事で、花に対する向き合い方に、より一層真剣味が増したような思いがします。

肥料に関してはそれまでの1.5倍は与えたでしょう。
一部の品種にとってはその事が逆効果だった所も有りますが、大輪の「なお姫」に関しては成功だったと思います。
肥料が控えめだったお客様の木と比較した時、葉の色つやと花の大きさ、花弁の厚み、赤色の出ぐあい等に明らかな差が出ていたようです。

花確認後の枝の剪定によって良い花が残せたら、なるべくスリムに切り込んでおき、秋口に剪定して、さらに春先の休眠期に伸びすぎた枝や込み過ぎた枝を抜き、形を整えると同時に摘蕾を兼ねた剪定をします。
花色が満足に出ていないものは、出来るだけ多くの枝(必要でない枝も)を残し、花を咲かせ、新しい枝に欲しい色が出るのを期待します。
そして思った色が出たらどんな不要な枝であっても生かすことが大切です。
花物は普通の盆栽の基本樹形とは異なり、花の美しさを第一と考え、素晴らしい花色が出た時はその花が正面から見えるような枝作り、鉢選びをすることをお薦めします。

長い間盆栽の枝作りを追求してこられた愛好家にとって、花物仕立てにはかなりの抵抗があり、頭の切り替えがままならないようです。
自然風盆栽樹形がとても高度な技術と高い感性によるいかにも自然風に見せる人工的な盆栽である様に、花物盆栽も花を咲かせる技術と剪定などによって美しく見せる技術、センスを必要とするもので、そう簡単ではありません。

その昔、新花の作出等で有名な鹿沼の豊田さんが「花を満足に咲かせる人は、盆栽も作れる」と言われ、具体的に私が尊敬する亀山さんの名を挙げられた事を今でも忘れません。
亀山さんと言えば銘木の素材の発掘と、盆栽にとって一番大切な骨組み作りの技術では右に出る人はいないと言っても過言ではないでしょう。
そんな方がこれは自分の趣味だからと言って、ハウスの中の花物を見せて下さった事が有ります。
その頃の私は新木からの盆栽作りに夢中で、その事を良く理解できなかったのですが、私の数段上を行かれている方が、暗に「さつきはやはり花だよ」とおっしゃられていたのかも知れません。

さつきの品種と花や特性を少しわかって来ると、咲かせる事の難しさや、花物盆栽の奥の深さも見えてきます。
「煌陽」が発表された頃、白花一輪は一万円の価値があると聞かされた事が有りますが、今でも「紫陽」の底白や「紫輝彩」の赤花等の出にくさと、出た時の華やかさを見ればその価値が理解できます。

まだまだ、さつきの花は進化を続けながら愛好家を楽しませてくれています。
それに応えるのは私達なのではないでしょうか。







那須野020_2
→那須野(NASUNO)

ふじの輝011_2
→ふじの輝(FUJI-NO-KAGAYAKI)

葵の輝020_2
→葵の輝(AOI-NO-KAGAYAKI)

志賀の春009_2
→志賀の春(SHIGA-NO-HARU)

春苑029_2
→春苑(SHUNEN)

紫王冠002_2
→紫王冠(SHIOUKAN)

夢未来024_2
→夢未来(YUMEMIRAI)

優駿032_2
→優駿(YUUSHUN)

白馬034_2
→白馬(HAKUBA)

幸の輝054_2
→幸の輝(SACHI-NO-KAGAYAKI)
スポンサーサイト

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用
園主の独り言    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
こんにちは Posted by
長野様

こんにちは。
私のところでは、遅咲きの「歩夢」が咲いてきています。小さい花ですが、樹勢もよく赤の絞りのでかたがきれいです。
図鑑ではここまでのきれいさはわかりませんでした。

実物をみて今年きれいと思えたのは「ふれあいの里、夢未来」です。
短い苗木ですが、きれいな絞りが出ていたので購入しました。

実物を自分の目で見る、その機会が大切と痛感します。
そうなると、花の時期にもっと違ったさつき展を見にでかける
必要がありそうです。

肥料については、魚粉を含んだものを与えた結果、葉の色
花の色の出具合が良くなりました。

今年失敗したのが、油断をして殺菌剤の散布を怠り、べと病
褐班病などを発生させてしまったことです。
現在、ダコニールを散布して割合沈静化してきましたが、
樹勢がいま一歩の苗木はてきめんに病気に負けてしまいました。

まだまだ、趣味で楽しんでいるレベルですので「きちんとした管理」の甘さがあり、もっとがんばらねばと思います。

これからもいい話題楽しみにしております。

朝田浩
2012.06.27 Wed 09:19 URL [ Edit ]
Posted by
朝田様
いつもありがとうございます。

「歩夢」は私も今年初めて花を見ましたが、小輪ながら素晴らしい花色でした。
一本目は咲いた途端に売れて、写真を撮る暇も無く、2本目は室内で咲かせたからか、
赤の色が薄くて、ブログに載せる事ができませんでした。
わりと少ない品種だと聞いているので、大切にされた方が良いと思います。

毎年思うのですが、さつきの花は実物を見ないと語れないようですね。
昔は大輪系の枝うちの荒い品種は敬遠していたのですが、一生懸命花を咲かせてみると、
枝打ちより1輪1輪の美しい花しか見えません。
枝が足りなくても全体をどうにかまとめてやればそれでいいと思うようになりました。

朝田さんの前向きな姿勢と努力にはいつも感心させられます。
私も花に関してはまだ分からない事が多いので、毎年結果を見ながら次につなげる努力をするようにしています。
商売なので愛好家の方達より入ってくる情報の量は多いでしょうが、本当のところは自分でやって確認するしかないようです。

これからも新しい花、美しい花を咲かせて楽しんで下さい。
お疲れの頃だと思いますが、お体を大切にお過ごし下さい。

                         長野皐月園
2012.06.27 Wed 18:09 URL [ Edit ]
強い雨が心配です Posted by
長野様

おはようございます。
九州地方に強い雨が降り続き、さつきの管理も大変なことと思います。
お体を大切にご自愛されてください。

高松は梅雨のはじまりに3日ほど強い雨がふり、殺菌剤を散布しました。そのあとは、空梅雨気味で、ようやく今日強めの雨が降ってきました。自然というのは、生き物に恵みを与えたり、災いしたりで、ちょうど良いさじ加減であってくれればいいのですが・・・。

以前教えていただいた「翠光」を手にいれました。新木でやっと
いい感じに芽が吹いてきています。
プロが育てていただけあって、樹勢がいいようです。

この夏、強い光にあてて乾燥させすぎないように、適度に日光にあてて、2年後くらいを楽しみに育てようと思います。

またときどき、気軽にメールを差し上げようと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。

朝田

2012.07.03 Tue 07:53 URL [ Edit ]
Posted by
朝田様
いつもお気遣いをありがとうございます。

九州が水浸し状態なので、日本中雨が降っているような気がしていたのですが、高松の天侯をお聞きすると日本の広さを感じてしまいます。
あまり雨が続くので水をかける必要が無く、さつきの棚もじっくりと見ていません。
お陰様で私自身は健康のようです。

「翠光」は大きな花を咲かせて下さい。紫の無地と鮮明な紫絞りが出ると、何とも言えない美しさで満足していただけると思います。
私も朝田さんに刺激されて、来年用のさつきを集めています。

以前、朝田さんから「昭和の輝」について意見を求められた時、否定的な事を申しておきながら今年のブログに写真を載せていたので、笑われたのではないか?と思っています。
実は、あの後すぐに「太物が有るので買わないか?」との打診があったので、恥を忍んで購入していました。言い訳をさせてもらえるなら、幹回り30cm前後の中品盆栽の素材だったので、そちらの方に強く惹かれ?手に入れた次第であります。花は・・・・・です。

最近になって九州以外の愛好会では、花物盆栽を展示する動きが出ているようです。
さつき界にとってはとても好ましい事で、流れが大きくなる事を期待しています。

朝田さんからのメール、いつでもお待ちしています。
これからも宜しくお願いします。お元気にお過ごし下さい。

                        長野皐月園
2012.07.03 Tue 22:06 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/163-a7787be3

Top↑