盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2012.02.07 Tue
寒い時期のお手入れと新花について
寒い日が続いています。
枯らさない事や夏の水やり等を考えると植え替えの大切さを痛感します。

今年こそはとコツコツ作業を続けているのですが、途中で新しいさつきが入ってきたり、お客様が午前中遊びに来られてコーヒーを飲みながらおしゃべりをしたりして…
なかなか計画通りには出来ませんが、それでも今年はかなり頑張っているつもりです。

2月に入ると九州ではさつきの根が活動を始めるようです。
これまで肥料は3月に入ってからやっていたのですが、今年は少し早目(2月末)にやろうかと思っています。
樹に栄養をつけて、良い花を咲かせるために肥料はとても大切です。
今年最初の消毒は2月末か3月の初めに殺ダニ剤に展着剤を混ぜて、1回の散布でホコリダニを全滅させるようにたっぷりと全体にかけ残しの無いように丁寧に散布します。
効果的な薬品としては「コロマイト」「サンマイト」「オサダン」「コテツフロアプル」等が有りますが、詳しくは専門の方にご相談下さい。


今年もすでに数種類の最新花を仕入れていますが、初めて見る花も有ります。

大輪系の花は樹の太さがある程度にならないと、本来の実力通りの花を咲かせるには力不足だと聞いています。
背丈を短く詰めると力が行き届くので花は立派になりますが、全体の迫力が不足します。
長尺樹形で花物仕立ての「煌陽」では、幹回りが20cm位なければ、実力を発揮できないだろう、と言われています。
一概に何センチという事は出来ないと思いますが、良い花を咲かせるためには太さも必要だと言う事は解ります。

「翠香」「五月晴」等、若木の時に白勝ちの品種では、持ち込むことで毎年開花時期に花色の調整をしながら剪定を行い、少しずつよい花柄に変えていくようにしています。
樹に力がついてくるとそれだけで花も力強くなってくるものです。
今年は少し大きめの「海ほたる」「緋の鳥」が手に入ったので花時が楽しみです。
私は大輪系の花物の場合、樹高を100cm前後求めますので、初めからある程度の太さが必要となり、花を確認している事が重要です。

初めて当園に来られたお客様は、長尺樹形のさつきが並んでいるのを見て、昔のさつきを見ているようだと驚かれますが、決して昔に戻っているつもりはありません。
美しく変化している花が、細くても複雑な花芸を楽しめる長尺樹形を求めながら進化しているのだと思います。
昔はどんな種類(盆栽になりにくい)の長尺でも、盆栽らしい枝作りをしようとした為に、素晴らしい花物を随分ダメにしてしまったものです。
しかし今では樹全体を美しい花で飾る様に、花を最優先して枝を残していきます。
全体の輪郭は整えますが、針金での整枝は極力控え、樹の勢いをなるべくおさえない様にして花を咲かせています。

花に挑戦するのは分りやすくて面白いものです。



三姉妹055_2
↑三姉妹(SANSHIMAI)

新峰105_2
↑新峰(SHINPOU)

緑花の泉213_2
↑緑花の泉(RYOKKA-NO-IZUMI)

ほたる043_2
↑ほたる(HOTARU)

花月の誉058_2
↑花月の誉(KAGETSU-NO-HOMARE)

新大盃038_2
↑新大盃(SHIN-OOSAKAZUKI)

白恵比須028_2
↑白恵比寿(SHIROEBISU)

彩春009_2
↑彩春(SAISHUN)

鹿沼の輝012_2
↑鹿沼の輝(KANUMA-NO-KAGAYAKI)

山東華006_2
↑山東華(SANTOUKA)
スポンサーサイト

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用
ワンポイントアドバイス    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
こんにちは Posted by 朝田 浩
長野様

今回もためになるいいお話しをありがとうございます。
緋の鳥は手に入れたいとおもっている品種で黒っぽい赤のしぼり花は実際にはどんなものか見てみたいです。

先日樹高70cm太さ15cmくらいの翠扇をてにいれ、植え替えをしました。私がさつきを好きになった原点の品種で大切にそだてようとおもいます。

彩春に写真ありがとうございました。

手に入れてから3年が経過した五月晴れ、翠香をお話のアドバイスのように剪定していこうとおもいます。

翠香はわりと充実した枝ぶりになってきました。

お体ご自愛ください。

朝田 浩
2012.02.10 Fri 14:32 URL [ Edit ]
Posted by
朝田様
いつもありがとうございます。

私もまだ「翠扇」を知らない時、お客さまからの注文で鹿沼から
苗を買ってきて、咲いた花の美しさに驚いたことを覚えています。
その時はすぐに売り切れてしまいました。
今の新花の主流が翠扇系なのもよく分かります。

「緋の鳥」は「貴の花」によく似ていますが、赤の色が強烈で
とても個性的で綺麗な花だと思います。

「五月晴」も「翠香」も太りが早いので、持ち込んでいたら楽しめるのも早いと思います。がんばってください!

お体を大切にしてください。
                   長野 嗣
2012.02.10 Fri 23:08 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/149-778c3cce

Top↑