盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2011.06.16 Thu
園主の独り言【2011年度花期に関する反省点】
昨年に比べ今年の花は、正直言ってとても満足できるものでは有りませんでした。

葉の色もよく蕾もしっかり付いていて、水切れさせた覚えもないのに咲いた花の数が極端に少なく、「新生」や「めぐみ」等は花が小さく、見栄えがしませんでした。
「おかしい」とは思ったものの、原因が思いつかずそれなりに咲いている花でお客様は喜んで下さるので、あきらめていました。

ところが先日、栃木の仲間の方と話していたら、驚くような事を聞かされました。
ある殺菌剤を使用すると、花腐れ菌には効果があるものの、副作用として蕾がイジケテしまうと言うのです。
那須野」や「五月晴」、「新峰」、「新煌陽」、「松波」等は殆んど影響を受けなかったようですが、その他の品種は何らかの影響を受けていたように見えました。
きちんとした裏付けがある訳ではないので、その殺菌剤の名前を公表する事はできませんが、昨年まで主に使用していた「ベンレート水和剤」では今年のような状況は思い当たりませんでした。

花を咲かせることの難しさと、どんな症状にも対処法はあるのだと言う事をあらためて知らされました。
毎年新しい花が出てくるように、新しい発見があります。
40年近くこの仕事をやっていても、まだ沢山の課題を抱え、新しい試みをしても結果が出るのは一年後なのですから、真剣でなければ続きません。


今年もどうにか写真を撮るくらいの花は咲いたので、ご覧下さい。




新翠005_2
↑新翠(SHINSUI)
鹿沼錦051_2
↑鹿沼錦(KANUMANISHIKI)
新煌陽030_2
↑新煌陽(SHINKOUYOU)
翠香064_2
↑翠香(SUIKA)
大寿025_2
↑大寿(TAIJU)
翠峰011_2
↑翠峰(SUIHOU)
ほたる126_2
↑ほたる(HOTARU)
花月の誉058_2
↑花月の誉(KAGETSU-NO-HOMARE)
さくら088_2
↑さくら(SAKURA)
錦絵125_2
↑錦絵(NISHIKIE)
スポンサーサイト

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用
-    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
おはようございます Posted by 朝田 浩
長野様の今回の殺菌剤のお話は、大変参考、べんきょうになります。翠光の品種としての良さも再認識しました。
・毎年、夏の殺虫・殺菌剤の散布は、暑さのせいもあり、どうしても回数が減ってしまいます。今年は、夏はきっちりと薬剤管理をすることを課題にしたいと思います。
新品種の話、また聞かせてください。
失礼します。
2011.06.28 Tue 08:24 URL [ Edit ]
朝田様 Posted by 園主
お久しぶりです。
今年は「花季展」に加え、「なお姫」の最新花登録等、商売以外にも結構神経を使う事が多く、大切な時期に体調を崩し、約2週間、調子が戻りませんでした。
「花季展」の最終日以降は雨が降り続き、これまでを振り返っても雨の記憶しか残らないほど、雨の多い花のシーズンでした。
個人的な感想でブログには書けなかったのですが、今年の「紫輝彩」はちょっと大げさに言えば、異次元の美しさでした。同じ時期に咲いていた「翠光」がかすんでしまう程です。凄い花を作られたものだと感心してしまいます。今年「日本皐月協会」に登録されたそうですから、来年以降、月刊誌等で目にする機会も増えてくると思います。
今年は私も多少の無理をしてでも、消毒を徹底しようと思っています。
年と共に無理のきかない体になってきているようですが、お互い元気にさつきを楽しんで過ごしましょう。素晴らしい趣味だと思います。
いつも見ていて下さってありがとうございます。
2011.07.01 Fri 22:53 URL [ Edit ]
おはようございます Posted by 朝田 浩
・山下氏作出、長野さんが登録された「なお姫」の画像を、(上野のさつきフェスティバルで撮影されたもの)を拝見しました。画像では充分わかりにくいですが、微妙かつ複雑そうな色合いで、苗木のでまわるのが大変楽しみな品種におもわれます。
・長野さんがそれほどすごいとおっしゃる「紫輝彩」は実物を見てみたいと思いますし、1本手に入れてぜひ育ててみたいとおもいます。近頃の真の意味での最新花は非常に色彩が鮮烈で、これからぜひ普及していってほしいと思います。
・原点にたちかえり、きちんとした消毒をやり、いい花をさかせたいとおもいます。
・長野さんに教えていただいた「翠香」「五月晴」がことし美しい絞り花をみせてくれました。
最新品種を入手するうえで、長野さんの意見は非常に参考になります。
・今後とも、最新の品種、さつき界のトピックス、管理についての情報、期待しておりますので、掲載の程よろしくお願いいたします。
有難うございます。
2011.07.03 Sun 07:29 URL [ Edit ]
朝田様 Posted by 園主
いつもありがとうございます。
私の方も、昨年ほとんど白花で、全く魅力を感じなかった「五月晴」が、今年はまるで別の木のように美しく咲きました。
「翠香」は持ち込みによって、本領を発揮すれば、もっともっと驚かせてくれるはずです。とても楽しみな品種だと思います。
以前「彩春」を購入されたと聞いたように思いますが、「彩春」は肥料っけが不足して咲かせると、微塵絞りが多くなり花がすっきり美しく咲かないと聞いています。微塵絞りも品種によってはきれいで、「鹿沼の輝」等はその特徴とも言えるほど美しいのですが、「彩春」はすっきりした方がきれいだと思います。
もうすぐ「我慢」の夏になりますが、来年の花のために頑張って乗り切りましょう!
今後ともよろしくお願いします。
2011.07.04 Mon 19:02 URL [ Edit ]
こんにちは Posted by 朝田 浩
調子にのって、また会話させていただくことにしました。
「翠香」は、長野さんのおっしゃっていたしぼりが、ようやく今年咲いてくれました。去年より数段上の花でした。「五月晴」は樹を太らせるため、去年まで花をがまんし、今年初めて花をみました。
正直咲き始めはそれほど魅力をかんじなかったのですが、次々咲いてくると「さつきのスタンダードな魅力」のある品種かなと感じました。さて、彩春です。まだ4年生の樹で細いのもあるでしょうが、今年は、白花でかすかに、微塵絞りが出たくらいです。
長野さんの咲かせられた画像を拝見すると非常に魅力的で、大変好みの花です。ちがう皐月店からさらに3本入手しました。
その分はこれから胴吹きさせるレベルなので、まだまだです。
どうも先に買ったのと葉質がちがうようにおもわれ、ともかくも
枝をだすところからです。
「明翠」「豊春」が枝がわりと充実してきたので、来年花がみれそうですが、「大寿」の枝吹きがいまいちで、どうやら細い芽をさし芽した苗のようです。
個人的に今年初めてみた「煌春」「歩夢」がきれいと感じました。
「紅の天使」は今年は期待はずれで、樹を充実させないとだめかなとおもっています。
長々すいませんでした。
暑くなってきますから、体調にお気をつけください。
私は、しっかり消毒をしないと。
いつもありがとうございます。
2011.07.05 Tue 12:37 URL [ Edit ]
朝田様 Posted by 園主
さつきの花を満喫されているようですね。
私が実際に扱った花で、「明翠」、「大寿」はすごい花だと思います。「煌春」は花そのものはきれいで、木の太りも良いのですが少し難しい性質があるようです。私が長く持っている「錦絵」も花色は素晴らしいのですが、とても難しい性質を持っています。弱いわけではないので、対策はあるのでしょうが、よくわかりません。「なお姫」については、もっと可能性を秘めているようなので、来年納得できる花を咲かせたところで語りたいと思います。
とにかく良い花を咲かせるには、木を充実させることは不可欠で、何といっても持ち込みが大切だと思っています。
今年も目標に向けて、お互い頑張りましょう。
いつもありがとうございます。
2011.07.06 Wed 21:34 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/137-622e7736

Top↑