盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2010.12.02 Thu
園主の独り言【2010年度秋季展について(後篇)】
「秋季展」を終え、いつもの静かな毎日に戻りました。

年に2回の展示会の為だけに建設した展示場ですが、敷地の正面に建っているため、普段は空っぽの建物にしか見えず、近所の方達からは「商売はやめたのですか?」とよく言われます・・・

naganoSHP02_20101202221344.jpg

当園では開園当初から『長野園芸』として「花季展」を開催してきましたが、20年前、展示場を新築するに当たり、それまであった展示場の欠点を直すべく、できるだけ観やすいように工夫して造りました。
強度の面も、自宅が台風等で壊れたとしても、展示場だけは残るのでは?と言われるくらい頑丈な鉄骨造りです。
これを機に、それまで兄と同じ「長野園芸」だった屋号を「長野皐月園」に改め、今日に至っています。

昨年から娘夫婦がお向かいでレストランを始めたため、食事に来られた方達が展示会を見に来られるようになり、会期中の来観者は多くなりました。
それでも「秋季展」は「花季展」とは比較にならないほど来観者は少なく、これまでは一般の方が観に来られる事は殆ど有りませんでした。

今の厳しい現状を考えるといつまで展示会を続ける事が出来るか解りませんが、私自身皐月が好きなので、出来る限り頑張りたいと思っています。
「秋季展」の作品、第2集をご覧ください。

華の司041_2
↑華の司 (樹高:38cm / 幹回り:28cm)

貴公子055_2
↑貴公子 (樹高:66cm / 幹回り:9cm)

大盃035_2
↑大盃 (樹高:75cm / 幹回り:38cm)

日光036_2
↑日光 (樹高:37cm / 幹回り:38cm)

白玲044_2
↑白玲 (樹高:41cm / 幹回り:33cm)

如峰山048_2
↑如峰山 (樹高:27cm / 幹回り:32cm)
スポンサーサイト

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用
-    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
こんにちは Posted by 朝田浩
貴公子のつくりかたがおしゃれですね。
さつきの世界に、若い人たちがはいってくるよう、新花の普及や
新しいセンスのある仕立て方が広まることを望みます。

これからも楽しみにブログを読ませていただきます。
今年も育て方のアドバイスをいろいろ教えていただき
ありがとうございます。

2010.12.08 Wed 11:52 URL [ Edit ]
朝田様 Posted by 園主
温かいコメントをいつもありがとうございます。
「貴公子」はお客様が、曲付けもされていない苗を購入して、鉢で15年以上持ち込まれた木を、展示会前(9月中旬)に私が仕上げたものです。
お客様の持ち込みが良かったので、「貴公子」特有の枝枯れも無く、気持ち良く改作する事が出来ました。根張り、幹味、枝の古さ等、ここまでなるには相応の年数がかかりますが、「文人木」風のお洒落な樹形を楽しむには、太さを必要としないので、「最新花」でも作れて、しっかり持ち込めば面白いと思います。
盆栽は太さではなく、鉢で育て、根張りや幹味等から古さを感じさせる姿を有する事が大切なのではないでしょうか。
本格的な冬の到来で、風邪などに注意してお過ごしください。
これからもよろしくお願いします。
2010.12.09 Thu 00:27 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/127-0d1bf217

Top↑