盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2007.12.27 Thu
園主の独り言【皐月の最新花についてvol.3】
今年の花期に、待ちわびていた「五月晴」の花が咲きました。


大輪の落ち着いた花で、白勝ちの中に見たこともないような美しい紅紫色が入り、ひときわ鮮明で、目立つものでした。
木質や葉性も良く、太りも良さそうで、将来が期待される品種だと思いました。

「寿光」の系統も、その素質の良さから数多くの名花を生んでいます。

枝変わりの「花蓮光」系からは、「白蓮」の後、「翠蓮」が展示会で活躍しています。
散った後に、はわいていても、その花形と色彩は目につくほどです。

その後、白地で二色咲きの「星の煌」が発表され、今後が期待されます。

交配種の中では、今でも人気が根強い、「寿光冠」「那須野」「美良野」等が有名です。

「寿光冠」は花形・色彩等どこをとってももはや完成された感があり、その後「晃貴」等が改良種として出ましたが、「寿光冠」には及ばないようです。

「那須野」も、かつて「農林水産大臣賞」を受賞した時、出品された方が「今までのさつきにない国際的な色」と絶賛されたほど、複雑な色で中輪の美しい花でした。
が、その特徴的な色彩を崩すことなく、もっと鮮明な色に改良した「紫輝」が発表されたのでした。
名前のとおり、輝くような桃紫色に思いを込めて命名されたそうですが、この花も最新花によくありがちな、色彩が余りにも複雑で、写真ではありのままの色が出ず、人気が出るのが遅れてしまいました。

その後、「皐月辞典」の表紙を飾った時、とてもよく色彩が出ていて、人気に拍車をかけたと聞いています。


今年の展示会で、とても目を引いたのが「紫扇」でした。
紫系の地合いに濃紅紫色・白も混ざり、何とも複雑な色彩で、私もデジカメで挑戦したのですが全く歯が立たず・・・
花物仕立てに最適なこの品種は、花を見るだけでも、十分満足できる逸品だと思います。

「千裕」は花こそ小ぶりですが、剣弁に近い花形で。
鮮明な濃紅紫色・覆輪等が、これでもか!と言わんばかりに咲き乱れ、これ程派手で、しかも美しい花が今までにあっただろうか?と思わせる見事な花です。
お客様に注文され、一度は写真で判断してお引き留めし、どうしてもということで2本仕入れてみたのですが、花は実物を見ないと分からないものだと痛感させられました。


最新花の中で、異色とも言えるのが「千羽鶴」でしょう。
剣弁で極小輪の花は、片方の親である「長寿宝」の特徴を強く受け継いでいるのですが、色彩は「長寿宝」が紅であるのに対し、純粋なさつきとしては、一番黄色に近い白ではないかと思われます。
その後、きれいなうす緑に変化して、随分長く花を楽しめるのが特徴です。
個人的に思うのは、この花が世に出るのが十年くらい早かったなら、あの色(うす黄色)は、もっと高く評価されたであろうと、惜しまれます。


私が取り扱った最新花は、全体の中のほんの一部にしか過ぎず、ここにあげたのは、更にその中の一部でしかありません。

長い間花季展を主宰していて、初めて出品される最新花は、ほんの4?5年生のものでも、花の特徴が出ていれば、最大限に咲かせるだけで、枝ぶりなど作らなくても、目を奪うだけの主張があることに気付きます。

地方においては、ほとんどの人が見たこともない花ですから、驚かれるのも当然でしょう。

「月刊さつき研究」の2008 年1 月号(P87 )に写真が掲載された会員さんの「紫扇」はそのよい例で、小さい木でありながら、他のどの展示品より目立っていました。


他の展示会でも、最新花をきれいに咲かせて展示する愛好家さんが、もっと、もっと、増えてくれば、新しい楽しみ方の発見にもつながると思うのですが。

とにかく、多くの人に最新花を実際に、ご自分の目で見てもらうことを願っています
スポンサーサイト

テーマ:和!盆栽を語ろう! - ジャンル:趣味・実用
-    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/12-9d4249eb

Top↑