盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2009.10.19 Mon
園主の独り言【不思議なご縁】
不思議なご縁です。

今から二十数年前の事ですが、感じの良いご老人が皐月を見に来られました。
その頃当園で人気が高かった「花蓮光」を見て、「台湾にいた頃、花蓮港と言う港があったので字は違うが懐かしい。」とのこと。
花も大変気に入られて、配達を条件にお買い上げ頂いたことが印象に残っています。

十年ほど前、知り合いの高校の先生からの頼みで、フランスからの短期留学生を預かる事になりました。その学生の友人を預かっておられた同じ高校の先生のお宅まで、留学期間中、毎日車で送るということがありました。
それから3?4年後、奥様からのお電話でご主人である先生が亡くなられ、皐月を預かってもらえないだろうか?とのご連絡を頂き…。
どうにか生きていた3鉢の皐月を預かり、その後2鉢は枯れてしまいましたが、残った1鉢が何とあの時の「花蓮光」だったのです。

後でその事に気づき奥様とお話ししていたら、最初お買い上げになったのは、亡くなられたご主人のお父様で、生前とても大切にされていたそうで、その木が生き残って良かったと言われました。

まだ細い若木だったものを素人の方が長い期間愛培されていて、形はお世辞にもほめられたものではなかったのですが、どうにか生き延びてきた姿に何となく昔の面影を見ることができ、懐かしさを感じました。
形を整える事より、とにかく枯らさないように樹勢をつける事を気がけ、角鉢に入っていたものを素鉢へ替えて培養し、ようやく勢いがつく所まで来ました。

すると先日奥様からお電話がありました。
近日中にご主人の法事のためアメリカ在住の弟さんも帰国されるので、ご一緒に来園されて、その「花蓮光」を眺めたいと。

大切な役目を果たす事となった「花蓮光」は手入れされ、少し大きめの化粧鉢に入り(後の管理を考え)その日を待っています。

karenkou.jpg
↑『花蓮光』
スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報
-    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by 明日に向かって走れ
こんばんは

初めてコメントさせていただきます。
自分は、無趣味だったサラリーマンです。

退職後に何か趣味を持たないといけない事に気が付き、盆栽でも・・と気軽な気持ちでサツキの新芽を友人から戴き、挿し木から育て始めたのが、10年ほどになります。

しかし、日常の忙しさに追われ手入れもせずに置き去りしていました。

昨年、ふと気が付くと挿木したいろいろな種類のサツキが目に入り、過ぎ去った歳月が蘇り、鉢上げをしてあげました。

枝ぶりは悪く、名前もはまったく解らないままとにかく本を見ながらの鉢上げでした。

しかし、その分応えてくれた今年の花は、嬉しくもあり、愛おしくもあり、何物にも変えられないものでした。

サツキのブログは、なかなか見つからず、今日このブログにたどり着きました。

今後いろいろ勉強させていただきたいと思います。
2009.11.08 Sun 18:57 URL [ Edit ]
明日に向かって走れ様 Posted by 園主
初めまして。
当園のお客様の中にも定年後に趣味として皐月を始められた方は結構いらっしゃって、80歳過ぎた今でも数人の方は、当会の会員として頑張っておられます。
さつきは生き物ですから、手間、ひまかかりますが、綺麗な花が咲き始める時は三十数年商売として扱っている今でもわくわくするものです。
さつきの趣味は奥が深く、一生懸命やればやるほど疑問が見えてきます。
楽しみながら長く続けられる事を願っています。
分からない事があれば気軽にご質問ください。
出来るだけお答したいと思います。これからもよろしくお願いします。
2009.11.09 Mon 22:52 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://naganosatsukien.blog66.fc2.com/tb.php/105-da1e6097

Top↑