盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2015.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2015.12≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
「 2015年11月 」 の記事一覧
2015.11.19 Thu
プラ鉢への植え替え
なお姫(Naohime )DSC02171
なお姫(Naohime) 白いプラ鉢(45cm)




プラ鉢に入れたさつきを抱えるたびに なぜもっと早くこれに気付かなかったのだろう!と思ってしまいます。
素焼きの方が通気性が良いから さつきのために良いと信じていたので お客様にも普段使いには素焼きの鉢をおすすめしていました。
でも 展示会では どうせ化粧鉢へ植え替えるので 素焼きは重い分持ち運びに苦労します。
それに棚から落ちても 殆ど割れる事は無く 値段もはるかに安くてそのまま写真に撮ってもプラ鉢とは分かりにくくて 化粧鉢と見まちがうほどです。
ある程度の大きさまでは100均でも手に入るし ホームセンターへ行けば色んな種類を選ぶこともできます。

先日 水俣の産業祭へ行ってきました。
水俣のすぐ手前までどしゃ降りの雨でしたが 会場へ着くと曇り空でスタンプラリーに参加して 15社くらいの工場を歩いて回りましたが その間雨は大丈夫でした。
一応カメラは用意していましたが1枚も撮る事は無く 以前のブログの主役で登場した茶系のかわいい仔猫を抱っこさせてもらって帰りました。
次の日 娘から「あの子猫はもらわれて家猫になったそうだよ!」と嬉しい知らせがありホッとしました。



DSC00517.jpg
ようやく家猫になれた子猫  幸せになってね。




山東華(Santouka)DSC02191
山東華(Santouka)

美良野(Miyosino)DSC02259
美良野(Miyosino)

三彩(Sansai)DSC02235
三彩(Sansai)

大寿(Daijyu)DSC02218
大寿(Daijyu)

光圓(Kooen)DSC02243
光圓(Kouen)

五輪錦(Gorinnisiki)DSC02212
五輪錦(Gorinnisiki)




DSC00576.jpg
チロ君

DSC00585.jpg
私の足に頭をくっつけて寝ているチビ君



スポンサーサイト

-    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

2015.11.15 Sun
無事だった山の猫達
DSC00604_20151113211819f8d.jpg
皇帝ダリヤ




今年も皇帝ダリヤが咲いています。
ほとんどの幹が突風で倒れ 今年はダメか?と諦めていたのに 紐で起こしていただけで そのまま元気を取り戻し沢山の花をつけました。

この花を初めて見たのは水俣の福田農場で 背の高い植物に造花をくっつけてあるのか?と思いましたが本物で わざとらしい程大きくてきれいな花に驚きました。
次の年 お隣から挿し木を数本分けてもらい何か所かに植え込んだ所 成長が早くどんどん茂るので 12月に花が終わってから根元を少し残して切り倒し 2節位で短く切って挿し芽した所殆どがつがり 次の年だけで200本位の挿し芽苗を配りました。

山の猫達は 1週間位姿を見せなかったので餌だけ置いてきていましたが 3匹とも無事な姿を見る事ができたのでひと安心です。
先日は見慣れない大人の猫が餌を置く木箱の上に休んでいました。
縄張り争いで追い出されたのでは?と心配していましたがそうではなかったようです。
3匹をよく見ると やはり体が小さくて頼りなく見えます。
冬越しするために 早くもっと逞しい体になって欲しいのですが・・・。



DSC00592.jpg
三匹おそろいの食事(山の中の猫達)

DSC00566.jpg
いつもの所にいた 見慣れない猫



花綴(Hanatuzuri)DSC01747
花綴(Hanatuzuri)

緑花の泉(Ryokukanoizumi)DSC01773
緑花の泉(Ryokukanoizumi)

美裕(Mihiro)DSC01708
美裕(Mihiro)

華衣(Hanagoromo)DSC01711
華衣(Hanagoromo)

亜輝姫(Akihime)DSC01771
亜輝姫(Akihime)




DSC00579.jpg
リリちゃんとぺぺちゃん

DSC00578.jpg
チビ君とミミちゃん

DSC00561.jpg
テンちゃんとキータン


-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

2015.11.08 Sun
母チビと花子と幼い頃の子供達
銀の采(Ginnosai)DSC01919
銀の采(Ginnosai)



先日 帰って来た三女が 率先して外に出てさつきの草をむしり 店の中を掃除
したりするので ようやく私も目が覚めたようにさつきの手入れを始めました。
やる事は山のように有りきりがないのに 目を背けていたように思います。
昨年から三女に励まされることが多く 帰ってくる度に何も言わずに黙々と自分なりの
作業をやってみせるのには頭が下がります。
三女が作ってくれた花壇も カッコよくはできませんが植物で埋めつくしています。


今でも時々母チビが住んでいた空き家へ行ってしまいます。
門の前まで行くと どこからともなく出てきて私の前で背伸びするような気がして・・・。
子供達をみんな引き取り 一緒にいるのに母チビと花子の想い出が薄れる事はありませんが
今は母チビと花子の子供達が テンちゃん・ノリちゃんと共に私達にとって とても大切な存在です。



紫輝彩(Sikisai)DSC01795
紫輝彩(Sikisai)

君子(Kunsi)DSC01820
君子(Kunsi)

明日香山(Asukayama)DSC01930
明日香山(Asukayama)

桃香(Momoka)DSC01902
桃香(Momoka)

清峰(Seihou)DSC01837
清峰(Seihou)

星の輝(Hosinokagayaki)DSC01931
星の輝(Hosinokagayaki)



IMG_5382_201511060940181f7.jpg
空き家で子供達と食事中の母チビ

030_2015110821054303f.jpg
花子に甘えてすり寄るキータン・後ろはチロ君

025.jpg
まだ家の中には入って来なかった頃の兄弟達

033.jpg
幼い頃のリリちゃん

P1000678_201511060955091a6.jpg
うちへ来て食事の前に1~2時間眠っている母チビ

010_20151108210541308.jpg
花子の想い出の写真





-    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑