FC2ブログ
盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2020.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2020.11≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2020.09.22 Tue
優しいチロ君
花綴DSC08568花綴(Hanatuzuri)  中輪



DSC09147.jpg
チロ君はママの事が心配だったのでしょうね。



先日の水害で 普段体力を使う事のない妻が驚くほど動きまわり
日数も長かったので 倒れるのではないか?と心配していたのに
痩せる事もなく順調に過していました。

ある晩 寝ている私の傍に いつもの様にチロ君がやって来て
珍しく粗相をしてしまいました。
次の朝 今度はソファーの上で 何と血尿をしたのです。
同じ日の朝 妻も血尿が出た!と 不安気に起きてきました。
多分 今になって疲れが出てきたのだと思います。
妻は病院へ電話して検査を受ける事にしましたが チロ君は
抗生物質を飲ませ 新鮮な猫草を与えて様子を見る事にしました。
こんな時に猫草?と笑われそうですが 2階のリリちゃんと
ミミちゃんもひどい血尿が続いていましたが 猫草を常備する事で
しばらくして血尿をしなくなった経緯があります。
チロ君も 抗生物質なのか猫草が効いたのかはわかりませんが 
すぐに粗相も血尿もしなくなりました。
妻は?と言いますと 紹介状によって3か所の病院で検査を受け
最後の大きな病院で 小さな結石が原因だとわかりました。

でも考えてみると 同じ日にチロ君が血尿したのも不思議でした。
チロ君も家族の事を心配しているのだろう と思ってしまいます。
後になって 妻にも猫草を勧めましたが断られましたよ。



DSC09150.jpg
キュッキュちゃん

DSC09154.jpg
ノリちゃん

DSC09159.jpg
2階の兄弟

DSC09155.jpg
コタちゃん



花舞妓DSC08560
花舞妓(Hanamaiko)   小輪













スポンサーサイト



-    Comment(17)   TrackBack(0)   Top↑

2020.09.11 Fri
ノラ猫サビちゃんの不妊手術


DSC09108.jpg
DSC09111.jpg
ヒトスジアマリリス 諦めかけていた花が ようやく咲きました。



DSC09112.jpg
サビちゃん(お母さん猫)  妊娠した体での不妊手術だったので リスクが高く
とても心配でしたが無事に終わりました。でも 体力回復には少し時間が
かかりそうなので ケージで回復を待っています。左耳はカットしています。


この度は 水害に続いて台風10号の襲来でブロ友の皆様には
ご心配をおかけしました。
気象庁が発表した台風の勢力ほどではなく 被害はありませんでした。
皆様のお気遣いに感謝します。

子猫を連れて食事に来ているお母さん(サビちゃん)猫を不妊手術に
連れて行きました。
水害の後 3匹だった子猫がいつの間にか2匹になって それでも
毎日一緒に食事に来ては 自分は子供達が食べ終わるまで 周りを
見張りながら待っているのでした。
子供たちがおいしいところを食べてしまった後 残り物の
キャットフードばかりになったのを 仕方なく食べています。
私が気づいた時だけは 缶詰を継ぎ足してあげます。

そんな優しいサビちゃんも 避妊手術の時期が近付いていると
思っていたら 少しお腹が大きくなっているように見えたのです。
病院へ電話して 妊娠してても手術はできますか?と尋ねたところ
リスクはあるができますよと言われ 急いで保護して病院へ行きました。
手術は無事に終わり 3時間余りしてから まだ麻酔がすっかり抜けて
いないサビちゃんを迎えに行きました。
お腹には 2匹の赤ちゃんがいたそうです。(申し訳なく思います)
本当はこんな事はしたくありませんが 野良猫を増やしてひどい目に
遭わせるより こうするしか選択肢は無いと思います。
今一緒に来ている2匹の子供たちも もう少し大きくなったら不妊手術に
連れて行かなければなりません。
今は私が食事を与えていますが 私ができなくなればどうなるのか?
不安になる時があります。
せめて 不妊手術を施し その証に耳先を切って 誰にでもわかるように
して 捕獲・処分されるのを予防するくらいしかできません。
野良猫に生まれたばかりに 同じ命でも苦労しなければならないのは
悲しいことだと思います。



DSC09117.jpg
DSC09114.jpg
車の下に隠れてでも お母さんのそばにいたい仔猫たちです。
こんな表情を見ても 何も感じない人がいるのでしょうか?


DSC09103.jpg
コタちゃんとペペちゃん。

DSC09099.jpg
チビ君

DSC09097.jpg
1階の子供たちです。キュッキュちゃんだけは いつも別行動です。








-    Comment(13)   TrackBack(0)   Top↑

2020.08.21 Fri
Fさんと山のネコ達
三姉妹DSCF2384
三姉妹(Sansimai)   中輪

DSC05123.jpg
タマちゃんとチョビ君とオオグイちゃんが 自由に山で過していた頃。

DSC05128_2020082114510881b.jpg
タマちゃん(お母さん)は山から離れられずにいました。



先日 久し振りにFさんのお宅へおじゃましました。
いつものように 山に残っているタマちゃんへのおやつも持って
出かけた所 山の少し手前で「全面通行止」になっていたのです。
7月の豪雨で 土砂崩れが起きたそうです。
タマちゃんの事は心配でしたが 遠回りして 先にFさんの家へ
行く事にしました。
家の横に作られた保護用のオリには いつものようにオオグイちゃんと
チョビ君がいましたが 何か?いつもと感じが違っています。
そこへFさんのお姉さんが出てきて 「危ないからお母さん(タマちゃん)
も連れて来たんですよ」と言われ 久し振りだったのでチョビ君と
思っていたのはタマちゃんで チョビ君は奥の寝床に入ったままでした。
Fさんは留守だったので お姉さん曰く「3匹で仲良く落ち着いている」
そうで 安心するのと同時に Fさんには感謝するばかりです。
これまで 山へ行くとタマちゃんが喜んで出迎えてくれましたが 
周りにはイノシシの罠が至る所に仕掛けられ 近くの住民の中には
心無い人が何人も見受けられ タマちゃんを山に残して帰る時は 
いつも見送るタマちゃんの姿が心に残り 辛い思いをしていました。
でも これからはFさんの所へ行くといつでも会う事ができて
心配する事もなくなりました。
Fさん ありがとう!



少し前の写真です。
DSC05185_20200821150549004.jpg
チロ君

DSC05160_20200821150548fc5.jpg
リリちゃん

チビ君とミミちゃんDSC05179
チビ君とぺぺちゃん

DSC04757.jpg
ノリちゃん

DSC07051_20200821151556374.jpg
キュッキュちゃん



赤富士DSCF2362
赤富士(Akafuji)  中輪

紫慕情DSCF2467
紫慕情(Murasakibojyou)   中輪八重咲き





-    Comment(21)   TrackBack(0)   Top↑

2020.08.03 Mon
床上浸水
DSC09034.jpg
DSC09032.jpg
展示場の中の水(70~80センチ)が引いた状態です。椅子や冷蔵庫に乗っている物は浮き上がって自然に乗ったものです。床は泥で茶色になっています。

DSC09030.jpg
フェンスの内側には 色んな物が流れ着いています。

DSC09020.jpg
DSC09018.jpg
水が引いて床板収納庫を外すと まだ水が残っていて 鏡の様になっています。

DSC09022.jpg
和室は畳の上から30センチ浸水していました。(浸水時は1階のネコ達と共に
2階の部屋へ避難していました。)



この度は これまでに経験した事のない床上浸水の被害に遭い
ブロ友さんには ご心配をお掛けしました。
幸いにも 被害に遭った次の日に 10人の知人が駆け付け
私達以上に動いて 後片付けを手伝ってくれて その後も常に
5~6人が来て 助けて貰いました。
来て貰った事で 精神的にも落ち込むことなく頑張れました。
皆さんには 感謝しかありません。
軽トラを借りて 数日かけて約20杯は捨てたと思います。
他にも その週(2回)の燃えるごみは大袋で20個捨てて 
燃えないゴミも大袋2個を捨てました。
ゴミの処分は 今でも普段より多く 後片付けが続いています。

濁流が玄関から流れ込み みるみる床の上を部屋の中まで進み
和室の畳は まるで筏のように浮き 大切なものを取りに行き
畳に乗ると 周りから水が噴き上がってきました。
後で測ったら 約30センチ畳の上まで浸水していました。
床下収納や風呂やトイレも水が逆流して溢れました。
2階のトイレは大丈夫?と思い 流してみれば床の上に水が溢れて
水浸しになる始末。
水が引き始めた頃 何枚もの雑巾を使って床を拭きあげました。
1階の水に浸かった開き戸は すべて膨張して閉まらなくなったので 
大工さんに削って貰いましたが トイレの戸はまた閉まりにくく
なってしまいました。
畳の部屋は暑さで臭い始めたので 火災保険会社の了解を得て 
知人の紹介で 約1週間後にフローリングに替えて貰いました。
車は空き家になっている知人宅へ避難させ無事でした。
できるだけ家に置こうと思い 水が引くと取りに行き 警報が出ると
避難させ 1日に何度か移動させる事もあり 疲れ果てました。

DSC09056.jpg
3人掛けの大きなソファーも水を吸いこみ 捨てました。
DSC09077.jpg

DSC09061.jpg
床板はめくれてきて クロスも剥がれてきました。



DSC09060.jpg
この中の子猫1匹を保護しただけですが みんな生き抜いてくれていました。
でも この後仔猫が1匹いなくなりました。ノラ猫の生きる厳しさを感じます。


水深が深くなり まだ雨が降り続いている時 お向かいのアルミフェンス
の上で 逃げ場を失った仔猫が泣いていました。
放って置くことも出来ず パンツ一枚になって胸まで浸かりながら 
道路を渡り 暴れる仔猫の首のあたりを掴み 無事に避難させました。
こんな行為を悪い事だと言う人もいるのかも知れませんね。
私はいつも疑問に思うのですが ノラ猫に餌をやらない様に!と言う言葉が
日本では さも当たり前の様に使われていますが 餌をやるな!と言う人は
やらなくても済む様な立派な活動を 何かされているのでしょうか?
殆どが猫嫌いの ただの傍観者だと思います。
そんな教育を受けた子供達が 優しい人間に育つはずは無いでしょう。
ヨーロッパの人から そんな事を言うのは 先進国の中で日本だけ
でしょう!と 言われた事があります。
その言葉を聞いて 恥ずかしいのと 何かホッとする気持ちを抱きました。
餌をやるな!は 弱い生き物の命に対する 冷酷な虐待だと思います。
ネコ歩きの岩合さんが どこの国へ行っても 餌をあげている人に対し
「ありがとうございます!」と言われますが 自然に出てくるあの言葉
を聞くと 何かホッとする優しさを感じるのは私だけでしょうか。






-    Comment(25)   TrackBack(0)   Top↑

2020.07.04 Sat
サツキの後はネコ達と。
明翆DSC01872
明翆(Meisui)   大輪



今年の梅雨は 雨の多い梅雨らしい天気が続いています。
娘が住んでいる水俣や芦北では 記録的な降雨量で水害が発生し
犠牲になった方も出ています。
テレビで観る水害の様子は 自分に置き換えた時恐ろしくなります。
家も車も家財道具も水浸しで 水が引いても元の生活はできません。
被災された方に お見舞いを申し上げます。



DSC09007.jpg
1階のネコ達 夜になるとみんな居間へ戻りますが 5匹揃ってソファーの背もたれに寝る事は珍しかったので パチリ!



さつきの花が終わると ネコ達と一緒の時間が長くなります。
1階では 暑さに弱いうちのが 猫を口実にエアコンを入れています。
でも ミケ子やキュッキュちゃんは外の空気が好きみたいで 部屋の中へ
入ろうとはせず 戸を少し開けておかなければいけません。
2階は私の持ち場なので まだ扇風機で過しています。
窓を開けると 三方向のどこかから風が入って来るので 心地良いです。
本格的な夏に入れば 皆隠れてしまうので エアコンをつけるとどこからか
出てきて エアコンの風が当たる所に寝転んでしまいます。

こんなまったりとした生活ができるのは きっと幸せなのでしょうね。



DSC08982.jpg
コタちゃん 何を見てるのかな?

DSC08993.jpg
可愛いお顔のミミちゃん

DSC08984.jpg
ペペちゃんとチビ君  別に手をつないでいる訳ではありませんが・・・。

DSC08998.jpg
リリちゃん この時期になると 痒くなるようです。

ノリちゃんDSC08952
〆は ノリちゃんです。



ヒペリカムDSC09001
ヒペリカム

嵯峨センノウゲDSC09002
嵯峨センノウゲ  去年買っていたのを忘れていたのに 今年も咲きました。

ヤマアジサイDSC09003
先日 道の駅で買ってきました。ヤマアジサイとなっていましたが・・・?







 

-    Comment(24)   TrackBack(0)   Top↑