盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2017.10.30 Mon
ザ・キーストーンガーデン
DSC04938.jpg
ザ・キーストーンガーデンの全景です。横は緑川(この日は雨で濁っています)
DSC04935.jpg



三里町のレストラン ザ・キーストーン ガーデンへ行ってきました。

今回も3女夫婦の誘いで 三里町(熊本)の「ザ・キーストーンガーデン」へ
食事に行きました。
九州自動車道を松橋インターで下り そのすぐ近くの「宇城彩館」と言う
道の駅で待ち合わせして 1台の車を娘の運転で出かけました。
娘達は何度か行ったそうで 料理や店の造りが余りにも良かったとの事で
以前から誘われていたのですが ようやくその日が来ました。

霊台橋のすぐ手前を河川敷の方へ下り 長い距離ではありませんが
途中にヘアピンカーブがあり ここは私の軽でさえ 切り返しが必要でした。
店の前の駐車場は広くて そこからも店の雰囲気を感じる事ができます。
木造2階建ての古民家を改造して造られた店は 目の前にそびえる霊台橋と
その下を流れる緑川が ただ座っているだけで癒されるようです。
(霊台橋は江戸時代にかけられた石橋で 国の重要文化財です)

私が選んだスペアリブのメイン料理は とろけるような柔らかさとコクの
あるソースの相性が抜群で スプーンで舐め上げるように頂きました。
それに 前菜についてきた一飲みのスープがとんでもなくおいしかったですね。
最後に出されたコーヒーとケーキとゼリーのセットは おしゃれなだけでなく
どれもメイン料理に負けない上品な味わいで 大満足の食事でした。
娘夫婦からの 来たる 冬のボーナス・プレゼントだそうでした。
何はともあれ 素晴らしいお店へ招待してもらい 感謝です!



DSC04919.jpg

DSC04920.jpg
お店の入り口です。
DSC04924.jpg
店内は 撮影禁止だったそうです。まぁ いいか。 (この場所は2階です)
DSC04923.jpg
カウンターから正面に見える霊台橋と緑川。贅沢な眺めです。
DSC04925.jpg

前菜DSC04927
前菜 右端がスープです。棒状はアスパラガスだそうです。
スペアリブと御飯DSC04932
メインのスペアリブと御飯です。(食器も料理もおしゃれで美味しかったですね)
デザートのケーキとゼリーDSC04933
デザートのケーキとゼリー。
DSC04934_20171030103632f11.jpg
デザートとコーヒーの相性もバッチリでした。(飲みかけで失礼しました)

霊台橋を上から見るDSC04937
上から見る霊台橋。左下がレストラン。



DSC04944.jpg
待ち合わせをした道の駅「宇城菜館」。

美里町役場 この町は何でもおしゃれです!DSC04940
美里町役場。 この町は何でもおしゃれでした!





スポンサーサイト

-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

2017.10.19 Thu
プチ同窓会
DSC04852.jpg
ピンクのノウゼンカズラ




今日はお楽しみのひとつで 恒例になったプチ同窓会の日でした。

年に2回 さつきの花時と秋に集まってもらいますが 秋は
今回が3度目で いつまでも元気で続けられたら良いと思います。
同郷の幼馴染なので 隠す事もなく 何でも話せてホッとします。

花の時は初めて4人で来られましたが 今回はいつもの3人でした。
昼食を済ませて来られ 前回はケーキを用意して 誰も食べなかったので
今回は持ち帰れるようなものを用意して正解でした。

1杯のコーヒーで 2時間半たっぷりと話がはずみ 来年の約束を交わし
みんな満足気な表情で帰られました。
いつも思うのですが この歳になって 幼馴染の女性の方達とこんな風に
お付き合いができるとは 夢にも思っていませんでした。
人生とは分からないものですね。



DSC04865.jpg
外猫になったキータンは 店の中の新しい寝床で満足そうです。

DSC04863.jpg
2階の兄弟。ぺぺちゃんだけがここにはいません。

DSC04857.jpg
チロ君とミケ子ちゃん。

DSC04859.jpg
有り得ないようなツーショットですが 間にはやはり距離が・・・。

DSC04844_2017101923384193a.jpg
山のチョビ君。 私の膝に前足をのせています。

DSC04874.jpg
タマちゃんも元気です。

DSC04829.jpg
オオグイちゃんは 食事の後 木の上で爪を磨いでます。










-    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

2017.10.03 Tue
ロンちゃんはお空へ・・・
DSC04360_2017100312505704f.jpg
ロンちゃんは優しい思い出を残して旅立ちました。

DSC04350.jpg
DSC04355.jpg
子供達をどこまでも深い愛情で包んであげました。




がんばりやで優しいママだったロンちゃんが 旅立ちました。

ロンちゃんは うちに来て 約1ヶ月半後 店の入り口の机の下で
私達に託すかのように 4匹の赤ちゃんを出産しました。
赤ちゃんを育てている時の優しい表情を忘れる事ができません。
赤ちゃん達を里子に出した後は 暫く悲しい声をあげながら 外を
探し歩いているのを見るのが辛く感じました。
それでも一日二回のおやつを運ぶと いつも嬉しそうな声をあげながら
小走りで来ていたのが思い出されます。でも もういないんですね。

ロンちゃんは いつも私とお客さんの間で安心した様に寝ていましたが
一度だけ自分から私の膝の上へ乗って来て 暫く寝ていた事があります。
今となっては それが私自身への一番の慰めとなってしまいました。
きっと 楽しかった昔の夢をみていたのではないでしょうか。
優しくて 可愛くて 優雅なロン毛のロンちゃん お疲れ様でした。

これまで ロンちゃんへの応援をありがとうございました。



DSC04364.jpg
ロンちゃんの赤ちゃん。みんな優しい里親さんの元で幸せに暮らしています。

DSC04411_20171003132447181.jpg
DSC04379.jpg
赤ちゃんに何をされても ただひたすら可愛がるだけでした。

DSC04306.jpg
DSC04309_20171003132709e7c.jpg
DSC04332_20171003132613a65.jpg
ロンちゃん お疲れ様でした。












-    Comment(14)   TrackBack(0)   Top↑

2017.09.27 Wed
彼岸花
DSC04792.jpg
隣町には こんな風景が続きます。




少し遅れてしまいましたが 数日前に写しておいた田園の風景を
どうしても載せたくて ブログを更新しました。
この季節の風物詩ともいえる 田んぼのあぜ道に植えられた彼岸花。
昔は赤一色でしたが 最近では白花も増えて さらに賑やかになりました。
山の猫達の所も 自然な形で彼岸花が咲いています。
どんなに自然が厳しくても 自由が幸せだろう!と思ってしまいます。
数年続く ふれあいの中での信頼関係は すぐに不信感を抱く人間以上に
心が通う様に感じています。

先日 娘と芦北で待ち合わせて 3人で鹿児島の長島まで足をのばしました。
運転は娘がやってくれるので 疲れる事無く楽しむ事ができました。
天候が良くなかったので 残念ながら青くてきれいな海は見れませんでしたが
道の駅で 名産のサツマイモを買って 食堂で刺身定食をいただきました。
帰りは出水の花屋さんで 格安の苗を数種類購入して帰路につきました。
娘婿は仕事で同行できなかったものの 久々の骨休めで娘夫婦に感謝です。



DSC04743.jpg
少し野性味が出て来たチョビ君。 でも 甘えん坊です。

DSC04734.jpg
いつものオオグイちゃんの代わりに この日は久々にタマちゃんが出迎えてくれました。



DSC04802.jpg

DSC04797.jpg
DSC04796.jpg
DSC04800.jpg
DSC04807.jpg
長嶋名物の お茶目で巨大な人形。至る所に設置されています。

DSC04815.jpg
ネコノヒゲ
DSC04816.jpg
DSC04822.jpg
出水で買った花です。



DSC04811.jpg
DSC04779.jpg
こんな季節になりました。

DSC04741.jpg
ノリちゃんの可愛いお手て。

DSC04762.jpg
ミケ子ちゃんのお得意ポーズ。







-    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

2017.09.10 Sun
なお姫と亜輝姫
DSC04739.jpg
亜輝姫  樹高114㎝ 幹回り14㎝ (さつき研究より)

亜輝姫DSC04117
亜輝姫(Akihime)  大輪




さつきの話題を取り上げるのは久し振りです。

「さつき研究」の10月号に 私が登録した2品種のうちの
「亜輝姫」が 遠く離れた茨木の「さつき花季展」に出品され
その写真が掲載されて 懐かしい姿を見る事ができました。
前回の千葉に続いて 今回が2本目となります。
樹高114㎝ 幹回り14㎝の立派な花物仕立てに仕上がり 手放した
時は 箱の大きさの都合もあり 樹高の低い(1m以内)木しか
送る事ができなかったのですが 作者の強いこだわりを感じます。

「なお姫」は 当時の会員さんにお譲りしたのが殆どだったので 
遠くへ出た木は 1本も有りませんでした。
その翌年登録した「亜輝姫」も 遠くへ出すつもりはなかったのですが
1年がかりで粘り強く説得されて ついに6本の「亜輝姫」を関東へ
送る事となり 出していて良かったと 今になっては思います。

当時は 当園の「長野皐月園愛好会」には強い結束力があったので
九州から 関東でも通用する最新花を発信する!と言う 夢を描いて
それが実現できるものと信じていました。
ところが 思わぬ悪夢が重なり 基盤が緩んだ時 愛好会までも消滅
すると言う大惨事を招き 発信源となる展示会自体が開催できなく
なってしまったのです。

今回の事は沢山の新花を世に送り出されている方にとっては 
取るに足らない小さな出来事だと思いますが 私にとっては
大きな励みとなりました。
これで関東に渡った 6本のうち2本が掲載された事になります。
これからも コツコツと「紫輝彩」が長年かかって農林大臣賞を
獲ったように「なお姫」・「亜輝姫」も花の素晴らしさを 広く
愛好家に認めて頂けるように頑張らなければ!と 思います。



なお姫(Naohime )DSC02214
なお姫(Naohime )  2015年5月

なお姫(Naohime )DSC02171
なお姫(Naohime)  2015年5月

なお姫DSC01757
なお姫(Noahime)   大々輪 (登録では大輪です)







-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑