盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2017.02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.03≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2017.03.24 Fri
丘の上のミモザ
DSC03327.jpg
DSC03320.jpg

近くの丘にミモザの大木が 自生?しています。
人が植樹するような場所ではなく 相当 年数が経っているようで
以前はかなりの本数がありました。
ミモザは風に弱く 台風によって本数が減り 大きな枝も折れている
のが多いようですが それでも毎年逞しく花を咲かせています。

DSC03325.jpg



DSC03345.jpg
浜ん小浦定食のBランチです。(メインは選べます)

DSC03344.jpg
妻が選んだエビ天丼(大きなエビが5匹にサラダバーがセット)



長女が2年ぶりに帰って来たので 熊本のレストラン「浜ん小浦」へ
食事に行きました。
私と娘は「Bランチ」(1180円)で 妻は「エビ天丼」(1383円)を注文
「エビ天丼」には豪華なサラダバーがついています。(価格は税込み)
サラダバーはなくても 「Bランチ」は十分以上に満足できる内容で
熊本へ行く楽しみの一つになっています。
雅ダイの刺身とメインで選んだ煮物は絶品で 妻は天丼を絶賛していました。
美味しい物を食べると 幸せな気分になりますね。



DSC03354.jpg
DSC03351.jpg
天草のリップルランドまで 足をのばしました。



光圓(Kooen)DSC02243
光圓(Kouen)

三彩(Sansai)DSC02235
三彩(Sansai)

山東華(Santouka)DSC02192
山東華(Santouka)



DSC03333.jpg
キュッキュちゃん

DSC03342.jpg
キータンとチロ君の珍しい2ショット。








スポンサーサイト

-    Comment(13)   TrackBack(0)   Top↑

2017.03.15 Wed
うちの紅梅
DSC03312.jpg
今年は小さくなってしまいました。
DSC01537.jpg
2年前の姿です。去年はもっと大きくなっていました。



庭の紅梅が見頃を迎えました。
よその梅は もう とっくに盛りを過ぎているのに 去年が
どうだったか?よく憶えていませんが 樹高が伸び過ぎたので 
4分の1くらいに切り詰め 今年は枝数が少なくて寂しい感じです。
それでも 樹勢が落ちていないので 来年の花は期待できそうです。

義父が寝たっきりになった時 鉢植えの小さな紅梅を部屋の中に
飾って置いたもので その後 義父は亡くなり 庭に植えました。
それから16年 毎年きれいな花を咲かせ 最初の花を義母の元へ
持って行きます。
今年も少ないながら 義母の部屋へ飾る事ができました。



DSC03176.jpg
DSC03181.jpg

寒くなると良い事もあります。
猫達が ぴったりと体を寄せてくるんです。
2階へ行けば 兄弟みんなで布団がいらない位 
私にくっついて寝てしまいます。
私にとっては 贅沢の極みと言えるひと時ですね。

保護した日から 同じ部屋で3週間程 寝起きを共にしましたが
なかなか懐いてくれず 灯りを消すと深夜の大運動会が始まります。
目を光らせながら 私の身体を飛び越えて騒ぐのが不気味でした。
そのうち ミミちゃんが私の布団へおしっこをかけるようになり
同じ部屋で寝る事をあきらめましたが 今の子供達を見ていると
そんな日があったのだろうか?と思える程 打ち解けています。



DSC03307.jpg
2階の兄弟(ほぼ同じ大きさです)
DSC01534_201703152304427c8.jpg
ノリちゃん
DSC03308.jpg
チロ君



紫苑(Sien)DSC01965
紫苑(Sien)

早耶香(Sayaka)DSC01949
早耶香(Sayaka)

新峰(Sinpou)DSC01884
新峰(Sinpou)

上ノ山小町(Kaminoyamakomati)DSC01984
上ノ山小町(Kaminoyamakomati)

天竜恵比須DSC02098
天竜恵比須(Tenryuuebisu)






-    Comment(15)   TrackBack(0)   Top↑

2017.03.06 Mon
曾木の滝
DSC03272.jpg
曾木の滝(全景ではありません)
DSC03288.jpg



東洋のナイアガラと呼ばれる 鹿児島の「曾木の滝」へ行ってきました。
今回も 水俣の娘夫婦と一緒で 水俣の山の中腹にあるレストラン
「ひげのおみせ」でランチを食べ 信号の少ない田舎道をのんびりと走り
芋焼酎で有名な「伊佐」を通って 目的地「曾木の滝」へ着きました。
今回は 運転をしないどころか 初めて後部座席へ座ったので 水俣から
約1時間の道のりも 神経をつかうことなく快適でした。



DSC03221.jpg
水俣の「ひげのみせ」(レストラン)です。
DSC03230.jpg
表の道路からの眺め。眼下には水俣市が一望できます。


「ひげのおみせ」はオーナーの息子さんが フランスで修業されたそうで
日替わりランチは スープもメイン料理もとても美味しくて 
値段の安さ(1050円)にも驚きました。
狭い道路を登って行く 山の中にもかかわらず お客様がひっきりなしで
女性客が多いように感じました。
美味しいコーヒーとデザートもランチのセットに含まれていました。
ぜひ また行きたいお店ですね。

DSC03237.jpg
店内です。左側はテラス形式の部屋で 二人連れに人気。 この後満席でした。
DSC03243.jpg
具がたっぷりのスープに生野菜のサラダ
DSC03246.jpg
メイン料理(パンか御飯が選べます)
DSC03251.jpg
コーヒーとデザート どちらもおいしくて 器もおしゃれでした。
DSC03245.jpg
うちの婿殿はカレーでした。コクがあって とてもおいしかったそうです。
お皿がデカくて かなりの量でした。



「曾木の滝」へ行くのは 今回で2回目ですが やはり見応えがあります。
どうしてこんな場所に こんな凄い所があるのだろう?と 不思議な気がします。
水鳥も泳いでいて 帰りの歩道には キジのつがいが遊んでいました。

DSC03280.jpg
DSC03281.jpg
DSC03289.jpg
少し下流になります。
DSC03300.jpg
大型の水鳥たち(鵜?)がいました。


熊本から松橋方面への九州自動車道は 復旧工事の為に対面通行が多くて 
行きは渋滞とまではいかなかったのですが 帰り渋滞がひどくて 家へ着く
のが かなり遅くなりました。まだまだ 復旧には時間がかかりそうです。





-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

2017.02.28 Tue
タマちゃん
DSC03209.jpg
タマちゃん 向かって右の耳をご覧ください。



25日に子供達は帰ってきましたが タマちゃんはその中には
入っていませんでした。
私のような者には 現実を ただ受け入れるしかなく 帰って来る事を
願うしかありません。
タマちゃんは 白ミケ姉妹の母親で 初めは3匹の子供がいたのですが
一番元気な子はしばらくしていなくなりました。
チョビ(白黒)君は お母さんがタマちゃんの娘で 孫になるそうです。
そのお母さんはとても人懐っこい美人でしたが 急にいなくなりました。
チョビ君は母親といつも行動を共にしていましたが 一人になってからは
白ミケ姉妹と一緒にいるようになったのです。
子供達が大きくなってからは タマちゃんだけが別行動で 食事の時だけ
別の場所から 遅れて現れていました。

あれから2日たった27日 いつものように食事を届けに行ったら
なんと タマちゃんがいるではありませんか。
その耳は やはり子供達と同じくカットされ 元気に私達を出迎えて
くれたのでした。
久しぶりにおそろいの出迎えを受ける事ができました。

どなたかは分かりませんが 山の猫達に手術を受けさせ その後も
お世話して下さった方には 感謝するばかりです。
「竜之介病院」の院長先生もそうですが 見返りはノラ猫の幸せを願う
安心感だけで 優しい愛情と実行力がなければできない事です。
これからも 地元の方達に見守られながら みんなで仲良く
幸せに生きていける事を願っています。



DSC03206.jpg
白ミケ1 (とても可愛くて 美人です)

DSC03205.jpg
白ミケ2 (実物は写真よりずっと可愛い女の子ですよ)

DSC03190.jpg
チョビ君 (この子も おとなしくて美男子です)

DSC03198.jpg
DSC03199.jpg
久々 おそろいでの食事中。



清峰DSC01588
清峰(Seihou)

美裕DSC01729
美裕(Mihiro)

亜輝姫(Akihime)DSC02197
亜輝姫(Akihime)









-    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

2017.02.25 Sat
山の猫達の今
DSC03184.jpg
感動のあまり 写真を撮るのを忘れてしまい 帰る前に車の中から1枚だけ
写したのですが ピンボケでした。向って右耳がカットされています。

DSC03138.jpg
DSC03137.jpg
手術前の子供達(中央と右の白ミケが姉妹)



山の猫達の話題は ブログには書かない様にしていたのですが 
食事だけは 毎日欠かさず運んでいました。
最近では 餌をやるのは嫌われますが地元の方達は優しく 
私達を見ても嫌な顔もせず「猫が慣れてますね」
と 声をかけて下さるのにも驚いたくらいです。

食料事情に恵まれたノラ猫は 放置していると年に3回子供を
産んでしまうと聞いていたので 避妊・去勢についてはとても
気になっていましたが 片道30分離れた他県(熊本)の上に 4匹も
いるので 費用もさることながら 保護するのも大変で 手術後の
ケアもしなければならず 気にはしつつも実行できないでいました。

今居る子供達は 実は世代が変わり タマちゃんだけがそのままで 
その子供2匹と孫1匹が 私達を迎えてくれていたのでした。
それが 21日から猫達が 急に皆いなくなってしまったんです。

熊本の竜之介病院で避妊キャンペーンが22日から始まる事は知って
いたので もしかして心ある人が・・・?と
かすかな希望を胸に それからも毎日通い続けたのですが 日に日に
絶望感が強くなり 仕方ないのだ・・・と 自分に言い聞かせながら
辿り着いた今日(25日) 高い所から飛び降りて 私の車を迎えに来たのは
いなくなっていた子供達でした。
車から降りた私に すり寄って来た子供達のその耳は みんなカット
されているではありませんか!(避妊・去勢の印)
カットされた耳で 白ミケ2匹が女の子で 白黒が男の子と分かりました。

どなたが連れて行って下さったのか分かりませんが おそらく
「竜之介病院」で 手術を受けたのではないかと思われます。

熊本の「竜之介病院」では 積極的にノラ猫の避妊・去勢の無料
キャンペーンを行なう事で 可哀そうなノラ猫を増やさない取り
組みを 定期的に実行されています。
子供達を保護して手術を受けさせて下さった方と「竜之介病院」の
優しい思いやりや実行力には 頭が下がるばかりです。
心から感謝します。




飛鳥錦DSC01639
飛鳥錦(Asukanisiki)

桃香DSC01641
桃香(Momoka)

海ほたるDSC01636
海ほたる(Umihotaru)

紫慕情DSC01627
紫慕情(Murasakibojyou)

花綴DSC01623
花綴(Hanatuzuri)



DSC03183.jpg
キュッキュちゃん

DSC03170.jpg
テンちゃんとチロ君

DSC03185.jpg
ノリちゃん





-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑