盆栽ひとすじ40年の園主のコラム&ワンポイントアドヴァイス
- | ワンポイントアドバイス | 園主の独り言 | その他 | 番外編 | 
サツキ写真館
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*******ご注意 初めてメール送信される方は、連絡先/簡単な自己紹介を必ずご記入ください。
ブログ内検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
ランキング参加中↓
○●◎サツキ盆栽通信◎●○
≪2018.01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2018.03≫
プロフィール

園主

Author:園主
福岡県大牟田市にある皐月専門店「長野皐月園」の園主。

盆栽業を長く続けているからこそ、アドバイスできること。
思いなどをコラム調につづっております。
手軽でスタイリッシュではないけれど、趣のある昔かたぎな【皐月】の良さを、若い世代にも知ってもらいたい!
30年の間に培ってきた経験を、ネットを通して伝えて行きたいのです。

■2011年5月25日■
【なお姫】
(社)日本皐月協会に新花登録。
(長野嗣 名義)
---

お気軽にコメントください。
質問等も、出来る限りお答えしたいと思っております。
リンクをしてくださる方は、お手数ですがご一報くださいませ。

趣味:パソコン、車、DVD鑑賞など

***
宣伝目的、掲載画像・文章の無断転載/仕様等、堅くお断りいたしております。

長野皐月園HP
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
登録中
2018.02.21 Wed
チロ君はご満悦
DSC05219.jpg

DSC05217.jpg
お見合い写真に使えそうです。

チロ君のこの写真を載せたいばかりに ブログを更新しました。
猫達の道具入れが古くなったので テレビ台と一緒に購入して
置き換えた所 新しいものが好きな猫達は 早速 我先にと飛びのり
すました顔をしています。
でも なぜかノリちゃんだけは興味を示さず 未だに乗っているのを
見かけたことがありません。
みんなで乗っても構わないような広さなのに なぜか1匹ずつしか
乗らないのが不思議です。



DSC05222.jpg

DSC05224.jpg

DSC05228.jpg
小太郎君

小太郎君は あれから夜だけ帰って来るようになりました。
毎晩 確かめに行くのですが 近づこうとすると外へ逃げるので 
遠くから眺める事にしています。
mimihaさんからのコメントを取り入れさせて貰い うちで呼ぶ時は
「コタ」ちゃんと呼んでいます。
おやつを持って行って呼ぶ時だけは 僅かに反応するようです。
懐いてくれるのかどうか?まだ何とも言えません。
でも 頑張ります!



DSC05227.jpg
キータン

DSC05208.jpg
寝ている時は天使の様なノリちゃんです。

愛花034
愛花(Aika)








スポンサーサイト

-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

2018.02.10 Sat
新しい仲間
DSC05193.jpg
DSC05191.jpg
去勢手術後の小太郎(仮名)君 不信感でいっぱいの目ですね。




キータンの電気マットで寝泊まりするようになった若い猫。
キータンは仕方なく 椅子の上で寝るようになったので ホッカイロを
入れて 寒さを凌いでいます。
ロンちゃんの子供達と同年代だと思いますが 体がしっかりしてきたので
避妊手術へ連れて行きました。

全く懐いていないので 一日がかりで保護する事になり ケージに入ったのは
夕方になってしまいました。 
翌日の昼頃 引き取りに行くと 何と男の子だった事が分かったそうです。
それも 先生が女の子だという思い込みで お腹を切った後に・・・。
可哀そうだとは思いましたが 先生も悪気があってされた事ではないので 
支払いを済ませ連れて帰りました。

外での生活のために右耳をカットして貰い 夕方 ケージの戸を開放しました。
昨夜は さすがに捕獲されたのがショックだったようで 店の中へは帰らず 
傷口を心配しましたが 翌朝 私の作業場から 元気に出て行くのを見かけ 
少し安心しました。
今日も 温かい電気マットの寝床には戻って来ません。

3日後にようやく電気マットの寝床に入っているのを確認できましたが 私への
不信感は 増々大きくなったみたいで 前以上に距離を置くようになりました。
早く仲良くなりたいものです。



DSC05205.jpg
電気マットの寝床にいましたが 私に気付いて逃げようとしています。

DSC05196.jpg
キータンの新しい寝床も 捨てたもんじゃぁありませんよ。

DSC05194.jpg
キュッキュちゃん。かわいいでしょう!

DSC05206.jpg
ミケ子は電気マットの上で。

DSC05203.jpg
天使のテンちゃんは写真映りが悪くてゴメンナサイ。

DSC05201.jpg
チロ君はお返事が上手です。

DSC05204.jpg
ノリちゃんは何をやっても可愛いですね。

雅姫012
雅姫(Miyabihime)






-    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

2018.02.01 Thu
みんな元気です!
紫輝IMG_3528
紫輝(Murasaki)


DSC05185.jpg
チロ君 サンルームで日光浴。

DSC05160.jpg
ぶりっこのリリちゃん。

チビ君とミミちゃんDSC05179
チビ君に甘えるミミちゃん。段ボールは爪とぎになってます。

ペペちゃんDSC05156
ちょっと太り過ぎのぺぺちゃん。

DSC05135.jpg
いつも食欲旺盛なノリちゃん。

早いもので 2階の兄弟と1階の兄弟達は5歳を過ぎていました。
人に話す時も4歳です!と 応えていましたが 今年の5月で
6歳になるんですね。
ノリちゃんでさえ 今年は4歳になります。
年頃の女の子なのに どう見ても幼い男の子。
やんちゃは かなり収まりましたが 末っ子の甘えん坊なんですよね。
大人しくなると やんちゃな頃が懐かしくなってしまいます。

大ちゃんDSC05140
大きな秋田犬の大ちゃん。夜は猫達と一緒にいます。

シマちゃんDSC05146
シマちゃん

DSC05145.jpg
ラオ君

ケンちゃんDSC05149
ケンちゃん

先日 うちのと一緒に ラオ君とケンちゃんのお家へ遊びに行きました。
シマちゃんの他に 大きな秋田犬の老犬 大ちゃんも仲良く同居しています。
みんな優しくて 仲が良いんですよ。
これは 家庭環境がなせる業だと思います。
シマちゃんも大ちゃんも10数才のおじいさんだという事でしたが 
シマちゃんは年を数歳ごまかしても 十分通用する若者に見えます。
ただ ちょっと中年太りの感は否めませんが・・・。
話によると 兄弟の中では チャタロウ君が一番のハンサムだという事でした。

外猫になったキータンは 寒くなってからは店の中の電子マットに寝ている事が
多くなりました、
キュッキュちゃんはテラスの下のお気に入りの寝床が 他のノラ猫達に奪われ
裏の別荘にしている寝床にホッカイロを入れて その中でいつも休んでいます。
二人共 食欲旺盛で 丸々と健康的です。

山の猫達もうちの子も みんな元気に過しています。

DSC05128.jpg
タマちゃん

DSC05134.jpg
オオグイちゃん

DSC05127.jpg
チョビ君







-    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

2018.01.23 Tue
モモちゃん
IMG_5465.jpg
モモちゃん

IMG_5495_20180123181445070.jpg
ネレオ(娘婿)の膝の上で(3年前)




モモちゃんは イタリアに住んでいる長女夫婦が 家族として
子供の様に大切にしていた小さな猫です。
13年間生活を共にして 今が楽になったとは言えませんが 長く
苦しい時期を いつも傍にいて癒してくれました。
その大切なモモちゃんが 去年の暮れに旅立ったそうです。
未熟児みたいに小さかったモモちゃんを家族に迎え 電話をしている時も
いつも傍らで「モモちゃん!」と言う声が聞こえていました。

モモちゃんが倒れたと言う電話をかけてきた時 長女は冷静さを欠き
泣きじゃくるばかりでした。
どんなに愛しているか 私も十分理解していたので 夫がいるとは言え
娘の事が心配で 少しでも悲しみが和らぐ事を願うしかありません。
ここに来て ようやく悲しみを乗り越えたように感じてきました。
それでも 話し終える頃には 毎回泣き出してしまいます。

大学を卒業後 イギリスへ留学している時に知り合ったイタリア人の若者は
娘の帰国後 我慢できずに2年続けてうちへやって来ました。
2年目に来た時 娘は覚悟していて 一緒にイタリアへ渡り結婚しました。
とても心配でしたが イタリアの空港へは ご両親と姉弟の家族で迎えに
来て下さっていたと聞き 受け入れて貰えた事に安心しました。

それからは日本へ帰る時はいつも夫婦一緒でしたが モモちゃんが来てからは
夫が残ってモモちゃんの面倒をみる様になり 10数年会えずにいました。
良かった とはとても言えませんが 今年はようやく解放され 夫婦そろって
帰って来る事になりました。
あまり長く居る事はできませんが 94歳の義母の喜びはひとしおです。
娘を支えてくれたモモちゃんに 「お疲れ様!」とお礼を言いたいですね。




DSC05072.jpg
リリちゃん

DSC05088.jpg
ノリちゃんとテンちゃん

DSC05086.jpg
チロ君とミケ子ちゃんとテンちゃん




紫輝彩DSC01845
紫輝彩(Sikisai)

大寿DSC01822
大寿(Daijyu)








-    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

2018.01.16 Tue
ロンちゃんの子供達・ラオ君とケンちゃん
夢未来DSC02039
夢未来(Yumemirai)



DSC04326_20180116112640740.jpg
ラオ君 まだ目が開いていない頃。

DSC04330_20180116112641e4d.jpg
ケンちゃん 同じ時ですが 目は開いてます。




いつも動画を送ってもらい 身近に感じていたラオ君とケンちゃん。
今日はお宅を訪問して 久々に対面しました。
ロンちゃんが亡くなった後 ブロ友さんから送って頂いたおやつを
子供達に1袋ずつ届けてから 初めての再会です。

兄弟とも ずいぶん大きくなっていました。
生後7カ月になり 人懐っこい美少年に育っています。
ラオ君の方が少し重たくて 5,5キロだそうです。
先住猫のシマちゃんから とても可愛がられているので 
いつも舐めて貰う耳の下が ハゲそうになっていました。
性格はそれぞれ異なり 男の兄弟の中では 他の家族になっっている
チャタロウ君が一番元気がいいそうです。

ロンちゃんが取り持ってくれた ご縁だと思います。
ロンちゃんは きっと私達以上に喜んでくれているでしょう。
母の愛には勝てませんからね。



DSC05074.jpg
DSC05079.jpg
DSC05083.jpg
ラオ君 お母さんに抱っこされて。

DSC05080.jpg
DSC05084.jpg
ケンちゃん 大好きなお母さんと。

DSC05078.jpg
DSC05082.jpg
先住猫の優しいシマちゃん。






-    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑